お知らせ&更新情報

2018年7月授業報告(1年生~初級コース)

flowering Pulsatilla halleri

7月28日(土)29日(日)

今月は「先月のレメディの復習」「オルガノン学習(§19~29)」「今月のレメディ学習(Calc.Puls.Phos.)」「ホメオパシー哲学(全体像とSRP)」「ホメオパシー基本概念解説」を学びました。(画像は、Puls.)

 

「今月のレメディ学習(Calc.Puls.Phos.)」

今月も、ホメオパシーの大レメディを3つ学びました。

7月の後半から、レメディ学習では、生徒さんに、事前にその原材料を調べて来てもらい、授業の冒頭で発表してもらうことにしました。そのせいか、これまで以上にレメディ学習への熱が感じられました。

続きを読む »

2018年7月授業報告(2年生~中級コース)

conium

7月21日(土)22日(日)

今月は、「先月のレメディ復習(Lil-t.Verat.Graph.)」「オルガノン学習§85-99」「今月のレメディ学習(Med.Bar-c.Con.)」「古典的ケース学習」を学びました。(画像は、Conium)

 

「今月のレメディ学習(Med.Bar-c.Con.)」

Med.は、ノソーズ(Nosodes=病巣部から調整される)に分類される、やや珍しいレメディです。
ホメオパシーの三大マヤズムの一つSycoticマヤズムの核心を表すレメディです。
授業では、このレメディの病気疾患をイメージするところから始めました。

続きを読む »

2018年7月授業報告(3年生~上級コース)

dulc.2

7月14日(土)15日(日)

今月は、「先月のレメディ復習(Petr.Cycl.Nat-c.)」「オルガノン学習(§210~220)」「レメディ学習(Dulc.Zinc.Carb-v.)」「コンピュータレパートリー紹介」「2回目の処方について(導入)」「ケース学習(亜急性)」を学びました。(画像は、Dulc.)

 

「レメディ学習(Dulc.Zinc.Carb-v.)」

Dulc.は、ナス科のウッディナイトシェードから調整される植物レメディです。
授業では、最初にナスに似た花の姿などを紹介しました。このレメディは、モダリティー(好転・悪化要因)がハッキリしていて、冷えと湿気から体調が悪化します。冷えるとすぐに下痢してしまいます。
精神面では、落ち着きがなくて、怒っていなくても言葉がきついため、周りからはけんか腰な態度に受け取られたりします。多くの場合、勝気で自己中心的、家族に対して支配欲が強い傾向がみられます。健康な場合には、頼りがいがあるかも知れません。

 

Zinc.(亜鉛)は、鉱物レメディです。
最初に亜鉛の原物質情報を見てもらいました。亜鉛は、メッキや合金として、建材(トタン)や日常道具(バケツ)に使われています。また、人体の必須元素でもあり、亜鉛が不足すると様々な不調が起きてきます。皆さんからは「地味で疲れたおじいさん」のイメージが出てきました。
このレメディは神経と脳の衰弱した状態に適しています。神経は疲弊していて、組織は修復されるより早く摩滅するため、抑うつと神経衰弱が生じます。発疹や分泌物を出す力が弱くなり、感情・発疹・分泌を抑圧することで不調が起きます。全体に弱っていますが、症状は激しく出ます。
精神面では、罪を犯してしまったという感覚を持ち、自分が逮捕されてしまうかのような、あるいは誰かに追跡されているかのような不安感がたえずみられます。心身両面ともに落ち着きがありません。内面の不安や警戒を表現するかのように、足が落ち着きなく動き続けます。貧乏ゆすりでも有名なレメディです。

 
Carb-v.は、木炭を原料にしたもので、酸欠状態によく活用されてきたレメディです。
授業では、炭の作り方を紹介しました。
木炭は炭素から出来ています。炭素は有機物をはじめ、あらゆるものと関係した元素ですから、レメディとしても色々なレメディとの関連が見られます。
Carb-v.が適した人は、酸欠の人によく見られるように、全体に力がなく、怠惰で鈍く無関心になっています。
精神面は、物事を決断できず、ぐずぐずする傾向が強く見られます。身体面では、新鮮な空気を欲し、手足は冷えています。身体全体の血液循環が悪く、青白い顔をしています。
根本体質とは別に、体液の喪失時や、重病のために生命力が低下している時に、候補になるレメディです。過度の鼓腸症状があることも多く、ウエスト周りのきつさに耐えられないでしょう。

2018年7月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

Aethusa cynapium subsp. elata - Hohe Hundspetersilie (Apiaceae)

7月7日(土)8日(日)

今月は、「先月のレメディの復習(Cann-i.Nat-s.)」「ホメオパシー方法論」「古典的ケースからレメディの質感を学ぶ」「レメディ学習(Aeth.Agar.)」「ケース学習」を学びました。(画像は、Aeth.)

 
「古典的ケースからレメディの質感を学ぶ」

ホメオパシーは、波動療法(エネルギー療法)です。人間と自然界のあるものとの波動を合わせて、共鳴させて行くものです。

ホメオパシーの学校を卒業後に実践して行くと分かって来ますが、通常、全体の症状が似ているものは、一つだけではなく、いくつもありますから、この質感が分からないと、本当に必要とされているレメディを一つに絞り込むことが出来ません。

続きを読む »

2018年6月授業報告(1年生~初級コース)

sep1

6月30日(土)7月1日(日)

今月は、「先月のレメディの復習」「オルガノン学習(§9~18)」「プルービング実習」「今月のレメディ学習(Sep.Nat-m.Ign.)」を学びました。(画像は、Sep.)
「プルービング実習(簡易)」

CHKでは、設立以来、1年生の早い時期に、プルービング実習の授業をしてきました。今年度も3回目の授業で実施することになりました。ホメオパシーは、プルービングから始まり、プルービングを土台にして出来ているからです。

続きを読む »

2018年6月授業報告(2年生~中級コース)

Lil-t Verat

6月23日(土)24日(日)

今月は、「先月のレメディ復習」「オルガノン学習(§79~84)」「今月のレメディ学習(Lil-t.Graph.Verat.)」「周期律と鉱物レメディ(炭素)」「古典的ケース学習」

(画像は、Lil-t.とVerat.)

 

「今月のレメディ学習(Lil-t.Graph.Verat.)」

Lil-t.は、タイガーリリー(鬼百合)から調整されるレメディです。
授業では、まずは、百合から得られるイメージを明確にしてもらいたくて、生の白百合を目の前で、観てもらい、そこから受ける百合固有の印象やエネルギーを感じてもらうところから、始めました。引き続き、鬼百合の動画を見てもらい、同じ百合ながら、ずっと野生味に溢れ、且つセクシャリティーのあるこの植物の持つ強烈な質感を理解してもらいました。

続きを読む »

2018年6月授業報告(3年生~上級コース)

Cycl.画像1

6月16日(土)17日(日)

今月は「先月のレメディ復習(Mag-c.Hep.)」「オルガノン学習(§194~209)」「生徒さんの身近な方のケース研究(2件)」「ケース学習」「レメディ学習(Nat-c.Cycl.)」を学びました。(画像は、Cycl.シクラメン)

 

 

「生徒さんの身近な方のケース研究(2件)」

CHKでは、数年前から「生徒さんの身近な方の健康相談」を授業で取り上げて、皆で検討する実践的な授業をしています。これは、今春、卒業した7期生が、2年生の時に提案してくれたもので、それ以降のクラスでも続けています。

続きを読む »

2018年6月授業報告(1年生~初級コース)

6Nux-v.3

6月2日(土)3日(日)

今月は「先月初回授業全般の復習」「オルガノン学習§6~8」「ホメオパシー哲学/類似の法則」「ホメオパシー基本概念/アフィニティー・モダリティ―」「今月のレメディ学習(Nux-v.Ars.Bry.Rhus-t.)」「簡単古典的ケースを材料にしたレメディ学習」を学びました。(画像は、Nux-v.)

 

「ホメオパシー哲学/類似の法則」

『類似の法則』を理解する道筋は、いくつかあります。今回だけでなく、今後も繰り返し学ぶことになります。

『類似の法則』は、自然法則ですから、なぜそうなのか?という説明はできません。
この世を観察した結果、分かって来た自然界(人間も含めて)の性質です。
ただ、万有引力の法則と同じようにどのような法則なのか?を説明することはできます。

続きを読む »

2018年5月授業報告(2年生~中級コース)

Anac

5月26日(土)27日(日)

今月は「先月のレメディの復習」「オルガノン学習(§71~78)」「今月のレメディ学習(Lac-c.Anac.Ferr.)」「古典的ケースを利用したレパートライズの実習」を学びました。

(画像は、Anac.~マーキングナッツ)

 

「今月のレメディ学習(Lac-c.Anac.Ferr.)」

Lac-c.は、犬の乳から調整されるレメディです。
授業では、「犬」と「乳」というこのレメディの中心テーマから、色々なイメージをしてもらうところから始めました。

続きを読む »

2018年5月授業報告(3年生~上級コース)

ハーネマン像

5月19日(土)20日(日)

今月は「近況報告」「先月のレメディの復習(Elaps.Ph-ac.)」「ケース学習」「今月のレメディ学習(Hep.Mag-c.)」「クラシカルホメオパス:エルマー先生の特別授業」

 
「近況報告(身近な人のケース相談)」

毎月恒例の生徒さんからの近況報告では、先月取り上げた「身近な人のケース相談」の結果報告がありました。
花粉症の時期以来、洟水が沢山出てお困りの高齢の男性のケースでした。授業で皆で検討して、ある一つのレメディを提案したところ、一時的に洟水がより沢山出てから良くなられたようです。
特に驚かれたのが、レメディを口にした数日後、脇に激痛が出てきたことでした。でもその激痛は、1日のみで消えたとのことでした。

続きを読む »

1 / 3112345...102030...最後 »