よくあるご質問

ホメオパシー専門コースの特徴って何ですか?

クラシカルホメオパシー京都(CHK)設立にあたり、僕らが一番重点を置いて考えたのは、自分たちがそこで学んでみたいと思えるような学びの場を作ることでした。

来年2017年度には、開講10周年を迎えます。
2014年度から、カリキュラムと授業料体系を大幅に見直しました。

カリキュラムにつきましては、2014年度専門コースからステップアップ方式に変わりました。2017年度も同じくステップアップ方式で進めて行きます。

2014年度から 講義の構成や進め方は大きく変わりましたが、ホメオパシーの原典『オルガノン』を基本にしていることなど講義の基本姿勢はかわりません。

従来に比べると各学年(ステップ)ごとの習得目標が明確になりました。また同時に、2017年度からは英文が含まれる教材は、英日対訳とします。英語が苦手な方、ホメオパシーの超初心者にも、より学びやすく、よりなじみやすいように配慮しています。

 

当校のステップアップ方式の特徴をまとめますとそれは5つあります。

  1. 順次、講義レベルが上がって行きますので、自然に理解が深まります。
  2. ステップ毎(1年間毎)に修了出来るため、仮に一時的にお休みしても復学しやすくなりました。
  3. 3年間の専門コース終了後、プロフェッショナルコースを受講することで、専門家として活動をする確かな力が身に付きます。
  4. 英文教材は、「英日対訳」にしていますので、英語が苦手な方、ホメオパシー超初心者にもなじみやすくなっています。
  5. 少人数クラスなのでケース指導(スーパーバイズ制度)など個別指導が充実しています。
  6. 2014年度に、学費の大幅な見直しをしました。無理なくスタートをして頂くことができます。

詳細は、「専門コース」欄をご覧ください。

ページトップへ

CHKでは、ホメオパス認定制度は、どうなっているのでしょうか?

現在の日本のホメオパシー教育においては、まだ、国としてホメオパシーそのものが認められていません。また統一的なホメオパシーの協会も存在していません。
現時点では日本の実情に即した実力を伴うホメオパスは非常に少ないのが、実態ではないかと考えています。

現状では、海外に出て行って、現地で一定の講義を修了して資格を取得するか、現在国内で専門家養成を目的とする各学校で、独自の認定基準を設けていたり、海外資格を取得できるような提携をしているところもあります。しかし、世界標準レベル且つ日本の現状に即した認定基準が統一的に運営される時期が来るまでに、まだ、時間は掛かると思われます。

CHKでは、その時期が来るまでの間、CHK独自の基準を設けて運営して行く予定です。その判断基準は・・・

  1. ホメオパシーの基本原理に習熟しているか?
  2. およそ100前後の主要レメディについて、その全体像をよく理解できているか?
  3. 実際のケースにおいて、基本から外れず、応用する力があるのか?
  4. 悩みを持つクライアントさん個々人を、かけがえのない固有の人格であると認め、その人を丸ごと受けとめられる力量が備わっているか?
  5. 基本知識としての一般的な健康・医療情報に通じているか?

これらを適宜、確認した上で、CHK卒業認定レベルと認める予定です。将来、きちんとした協会が作るであろう基準を目指した内容だと自負しています。同時にそういう協会設立に向けて、CHKとしても積極的に行動してゆく予定です。

CHKで、最重点を置いているのは、実際に卒業されてから、ホメオパスとしての実力がついていて、社会的に信用され、必要とされる存在になれるかどうかだと思います。

ページトップへ

入学案内の資料などはありますか?

はい。ございます。
ホメオパシー専門コースお問い合わせ・入学案内資料請求フォームよりご請求ください。
フォームよりうまく送信できない場合は、CHK事務局まで直接ご請求ください。
ご請求後、1週間以内に届かない場合は恐れ入りますが、ご連絡いただけますと助かります。

ページトップへ

ホメオパシー専門コースの授業だけで、専門家になれるのでしょうか?

ホメオパシーの習得に限らず、高い専門的な力を持つためには多くの時間を必要とするものです。

当校CHKでは「ホメオパシーの基礎固め」に最も力を注ぎます。そのためには3年間(約420時間)での基盤作りがとても大切であると考えています。2014年度入学生からは、更に4年目として「プロフェッショナルコース」を新設(従来のアドバンスコースに代わる内容)し、確実にプロのセラピストとして活躍出来る力を身につけるようにします。

ホメオパシーの学習は、当校での授業はもちろんですが、自宅学習も非常に重要になってきます。

毎月の講義を徹底して復習し、各年度の夏・春に提出して頂く「課題」を自分のものにして頂ければ充分な力がつきます。卒業後には一人で直面する問題に対処し、学びを深めていけるようになっておられると思います。

あとは、みなさんがいかに実践してゆくかで決まると思います。

難しい問題にぶつかった時は、スーパーバイズ制度などを活用して頂くこともできます。

また、生徒間でのグループ学習をしっかりサポートします(場所の提供やご案内、教材の提案、アドバイス等)。
一人ではなかなか出来ない課題などについて仲間同士で切磋琢磨することで、CHKで学んだことを確実にし、ホメオパシーを自分のものにしていって下さい。

ページトップへ

英語が苦手ですが、ホメオパシー専門コースの勉強についていけるでしょうか?

日本には、英語が苦手でもホメオパシーの勉強をしておられる方がとても多くおられます。

CHKでは、出来るだけ日本語の翻訳教材を使用してきましたが、2017年度からは、英語教材の場合はすべて英語×日本語対訳資料になります。

また外国人講師による通訳なしの英語の授業も行いません。

 

依然としてホメオパシーの文献は英語のものが多いのも事実です。

実際の授業や自主勉強では、最初のうちは電子辞書を頻繁に使うことになりますが、使い方を丁寧に指導していきますので、次第に慣れてくると思います。

CHKでは、英語によるストレスができるだけ少ない環境のなかでホメオパシーを学んでいただけるよう工夫していきます。

ページトップへ

医療関係の経験が全くありませんが、講義についていけますか?

医師や看護師・薬剤師の方も何人かはおられますが、学んでおられる方の中には、そういうこととは無関係の主婦や会社員の方も多くおられます。
解剖・生理・病理症候学の講義も、誰にも理解しやすいようにスライドなどを多用しながら懇切丁寧に進めて行きます。

ページトップへ

講義を休んだ場合の補講などはありますか?

補講はありませんが、講義を録画したDVD と授業資料を郵送させて頂きます。
ご安心下さい。

ページトップへ

ホメオパシー専門コースを学ぶにあたり、書籍の他に必要な物はありますか?

電子辞書が必要になります。
「リーダーズ英和辞典」搭載のものを出来れば購入して下さい。
セイコーインスツル(SII)やカシオ(CASIO)の英語モデル、中・上級以上のモデルには搭載されていることが多いです。

ページトップへ

学費の分割支払いは可能ですか?

授業料の分割制度を準備しております。2回~4回分割が可能です。
具体的なお支払い時期など詳細については個別にCHK事務局までお問い合わせ下さい。

ページトップへ

ホメオパシー専門コースを卒業して個人でホメオパシーの仕事は出来るようになるのでしょうか?

当校は、卒業後にホメオパシーの専門家として活躍できるホメオパスの養成を最重要の目標にしており、その観点からカリキュラムを組んでいます。
また卒業後は独立して活動するためのサポート体制をとらせていただきます。

 

卒業後に実際にホメオパスとして、クライアントから個人セッションの依頼を受けるには、基本的な勉強を終えた上で、実践的なトレーニングの経験が必要不可欠です。

 

CHKでは、上級コース(3年次)以降に「スーパーバイズ制度」を用意しています。
問診からレメディの決定、そしてケース全体のマネージメントに至るまで、担当講師が、一人ひとりについて最低5件(フォローアップは各2回まで)以上の本格的なトレーニングをします。

 

これを経験することで、無理なく自立して頂けると考えています。
どんなに素晴らしい講義を多く聴講したとしても、スーパーバイズを受けることなくホメオパスになることは、まず不可能だと思われます。
※スーパーバイズ制度を、6件以上をご希望の方には、卒業後も必要に応じてお申し込み頂くことが出来ます。

 

また、クラシカルホメオパシー基本講座への随時参加、および、その一部講義を実際に担当して頂くことで、基本講座の講師としてのトレーニング経験の機会も設けています。
将来、ご自身で教室などを開催する時のサポートになると思います。

 

ホメオパスとして個人セッションを主体に活動したい方。
講師としてホメオパシーを広めながら、ご自分のペースで仕事を進めたい方。
いずれの場合も規定の過程を修了した方は、ご希望に応じて、弊HPにてご紹介させて頂きます。
皆さんの活動をHPでもサポートしていきます。(CHKの卒業生として活動内容やご連絡先やHP・ブログのご紹介などしています。)

ページトップへ

卒業後は、セミナーなどに参加して、勉強を続けることは出来ますか?

ホメオパスの活動を続けてゆくには、常に勉強が必要ですので、卒業後のセミナーなどへの参加機会など、様々な勉強の機会を提供して行きます。

 

1.ケース検討会

CHK卒業レベル以上の方が対象です。(2017年度以降は、詳細検討中)

ケース検討会ではクライアントさんの許可を得た本物のケースを教材にして、ホメオパシーの基本原理の理解と、応用力・実践力を養う内容です。

これまでおよそ1ヶ月に1回くらいの開催をして来ました。2017年度以降は年間で5~6回ほどの開催頻度になる予定です。

また、各自、自分には解決困難なケースを持ち寄り、参加者と共に考察・検討していきます。講師や他のホメオパスがどのようにケースを分析し、解決していくのかを見ることは、非常に貴重な体験になります。

2017年度(2014年度入学生)からは、プロフェッショナルコースをアドバンスコースの発展版として準備しています。

 

2.国際レベルの講師による「国際セミナー」開催予定

2009年~2016年までの毎秋、海外からホメオパシーの専門講師)を特別講師として迎えました。
今後も毎年継続する予定です。

過去には、オーストリア医学会の専門職の先生及びアメリカで活躍されていて、学校教育にも長年携わってこられたプロホメオパスにお願いしてきました。2015年・2016年秋には、インドの著名なホメオパシー臨床家Dr.Sarkarをお招きしました。

 

3.国内外ホメオパシー関連セミナーのご案内

また一方で、国内外で実施される海外のホメオパシー専門セミナーなどへの参加は、CHKでの講義の最初の2年間分を理解できていれば、どこに参加されてもほぼ理解できると考えています。
皆さん個々のレベルに応じたセミナーのご案内は、適宜させて頂きますので、いつでもお尋ね下さい。

 

4.スーパーバイズ制度の継続

CHKを卒業されてからも、個々のケースに迷った時は、「スーパーバイズ制度」をご利用下さい。

 

CHKの講師が個別に相談に乗る体制があります。
この制度の利用料金は、在学生と同じ条件でお受けさせて頂きます。
卒業条件の5件を越えて、6件目からは、自立支援料金になります。
1件(2回分のフォローアップまで)あたり1万円です。

 

5.クラシカルホメオパシー基本講座への聴講制度

関西・中部地区中心に実施しているクラシカルホメオパシー基本講座についてはいつでも聴講可能です。適宜勉強されてご自身の
講師力アップに役立てて下さい。

 

6.卒業生及び生徒さん同士の勉強会支援

生徒さん同士の横の繋がり(勉強会や情報交換)は、卒業後活動してゆく上で、とても大切なものです。
CHKはそういう活動に対して場所の提供など、積極的に応援して行きます。

ページトップへ

CHKを卒業したら、関連商品を特別価格で、購入できますか?

はい。出来ます。

すでに現在、CHK事務局から、関連商品を手軽に購入できるようになっています。

また、卒業された方個々人が直接国内外などから関連商品を入手する方法を指導させて頂きますので、ご卒業後も、安心して個人活動が出来ると思います。

ページトップへ

京都までの通学が難しいのですが、ホメオパシー専門コースの通信コースはありませんか?

初級・中級コース(2年間)までの通信コースはあります。

「他校には通信で卒業までできるホメオパシー専門コースがあるのにCHKでは何故ないのですか?」
そういうお問い合わせを時々頂きます。

卒業後、プロのホメオパス(実践家)になるには、どうしても全過程を通信だけで修了することには無理があります。その考えはこれまでも今後も同じです。

しかし、設立しての6年間を振り返ってみますと、卒業後はプロにはならないで、ホメオパシーを深く学ぶことを目的にしている方も、少なからずおられることが分かりました。

そのような方のために、通信専門コースの期間を従来の1年間限定から2年間(初級・中級コース)までに延長させて頂きました。一方で、通信専門コースでは、物足りないと考える方のために、適宜、通学専門コースへの編入ができるようになりました。

ページトップへ

遠方なので京都に宿泊したいと思いますが、宿泊施設の紹介はしてもらえますか?

斡旋は難しいですが、宿泊施設のご紹介や、当校で知っている宿の予約はできます。お気軽にご相談ください。

講義会場は、京都駅から便利な四条烏丸近くの四条教室です。
ここは宿泊場所の選択肢が多く、四条烏丸、烏丸御池、京阪三条駅、山科駅をはじめとして、地下鉄烏丸線だけでなく、東西線沿線の宿も利用できます。

ページトップへ

自分に合ったホメオパスはどのように見つけたら良いのでしょうか?

しばしばお問い合わせ頂く内容ですが、お答えするのが難しいご質問です。

私たちが、まずお勧めしたいことは、いきなりホメオパスに個人相談をする前に、ホメオパシーについて、充分なご理解をして頂くということです。
ホメオパシーの理解はさほど難しいものではありませんが、これまでの既存の考え方の範囲では、分かりにくいものだからです。

ホメオパシーのレメディをサプリメントなどと勘違いされておられる方がとても多いのですが、これらとはまったく別のものです。
また、レメディは非常に安全性の高いものですが、「使い方によっては」という前提がつきますので、充分にご注意下さい。

ホメオパシーへの理解のためには、私たちが定期的に開催しているはじめてのホメオパシーのような初心者向けの講座などを受講してみるのも良いですし、いくつか入門書を読んでみるのもお勧めです。
その際、一人だけの著者・一箇所だけでのセミナーではなく、いくつか経験することが偏った理解に陥らない方法だと思います。

また、ホメオパシーは対症療法ではありません。
「その人全体」をみて、「その方本来の健康な状態」に戻ることをサポートする健康療法です。
ホメオパスがする唯一のことは、そのサポート役に徹することです。

これらの点がご理解頂けたら、後は相性の問題になるでしょう。

ページトップへ

クラシカルホメオパシーとプラクティカルホメオパシーは、何がどう違うのですか?

ホメオパシーは、創始者サミュエル=ハーネマン(1755-1843)が確立した時から現在にいたるまで「ホメオパシー」であり、あえて「クラシカル」という名を冠する必要は本来ありません。

事実、世界の一流と言われる著名なホメオパス達が、例外なく、今もなおハーネマンの提唱したホメオパシー(クラシカル)に忠実であり続けています。つまり、その人にマッチした「たった一つのレメディ」を選ぶことに全身全霊を傾けています。
また、例年実施されているホメオパシーの世界レベルの学会「LIGA」は、今も尚クラシカル主体のものです。

しかし、一般には「クラシカル」と「プラクティカル」というホメオパシーの「流派」が2つあることになっています。

あえて、この2つのホメオパシーに相違点を言うなら、レメディーを「必要最小限、単一処方(クラシカル)」するか「多量多種同時処方(プラクティカル)」するかになります。

ただ、現在、英国で実施されているプラクティカルの中には、かなりシステマティックに体系化されたものもあります。
その方法は、根本体質的処方をする以前に、一定の時間を掛けて、よりその体質レメディの反応を高めるための準備段階を持とうとするものです。
その準備段階とは、おもに2つあり、ひとつが「デトックス」、もうひとつが「臓器サポート」です。これらをひとつひとつ段階を経て進めて行く方法です。

さて、ホメオパシーの創始者ハーネマンの見解はどうだったのでしょうか?

ハーネマンが最晩年に書き上げた主要著作「オルガノン第六版」(1842年執筆)の後半で、彼はレメディーの複数投与を「そもそも不必要であり、絶対に許されないこと」と明確に禁止しています。(§273、§274)

また高ポーテンシーのレメディーを多く投与しすぎると患者を治療不可能な状態にしかねないと危険性を警告してもいます。(§275、§276)

CHKでは、ハーネマンが創設したホメオパシー(クラシカル)を忠実に伝えていきたい。その方がクライアントさんの健康回復にとって、より着実、且つ優しいものだと考えるからです。

ページトップへ