お知らせ&更新情報

2018年11月授業報告(3年生~中級コース)

オルガノン原書

11月10日(土)11日(日)

今月は、「8月・10月のレメディの復習(Cic.Cupr.Bufo.Ant-c.Lac-d.)」「オルガノン学習(§231~244)」「今月のレメディ学習(Ther.Aeth.Nat-s.)」「ケース学習(2回目の処方を考える)」(画像は、オルガノン英文書(ボーリケ訳))

 

「ケース学習(2回目の処方を考える)~前半」

クラシカルホメオパシーの原則の一つは、一度に1種類のレメディを必要最小限使うことです。(シングルレメディ・ミニマムドーズの原則)

しかし、実際には、1種類のレメディだけで、健康の回復ができる例は、多くはありません。過半数のケースでは、最低でも数回以上のセッションは必要になり、その経過を見ながら、都度、次の最適レメディに変えて行くことになります。

続きを読む »

2019年度専門コース生(第12期生)募集中!

FOCUS

2019年度専門コース生(第12期生~2019年4月27・28日開講予定)を募集中です!(通信コース、専門コース編入制度もあります)

ホメオパシーを本格的に学んでみたい方のコースです。4段階(初級~プロまで)のステップアップ方式ですので、無理なく始められます。

初級コースの1年間だけ、学ぶことでも、ホメオパシーの基本と急性症状への対処ができるようになります。身の周りの方の健康管理ができるようになります。

2019年度も専門コースはステップアップ方式で進めて行きます。2014年度以降講義の構成や進め方は大きく変わりましたが、ホメオパシーの原典『オルガノン』を基本にすえるなど講義の基本方針はかわりません。従来に比べると各学年(ステップ)ごとの習得目標が明確になりました。

また2017年度から、英文が含まれる教材は、「英日対訳」比率を高めています。英語が苦手な方、ホメオパシーの超初心者にも、より学びやすく、よりなじみやすいように配慮しています。安心して、専門的に学び始めることが出来るようになりました。(写真は、CHKオリジナル教材~英語日本語対訳マテリアメディカ)

専門通信コースもあります。授業のDVD(通学コース授業をカメラ据え置き撮り)を見ながら、お好きな時間にご自分のペースで学んで頂くコースと、Web(スカイプ)を利用して、通学コースの授業をリアルタイムで受講して頂くコースがあります。(Web.コースは、ネット環境にも依りますので、ご相談下さい。)

 

授業見学会・入学説明会のお知らせ

www.chk-homeopathy.jp/classtour

 

専門コース(通学・通信・編入)の内容は・・・

専門(通学)コース

www.chk-homeopathy.jp/homeopath_course

専門通信コース

www.chk-homeopathy.jp/correspondence_course

専門コース編入制度

www.chk-homeopathy.jp/homeopath_course_transfer/

 

入学案内資料請求及びホメオパシー専門コースお問い合わせ

www.chk-homeopathy.jp/catalog

 

 

専門コース:12期生 早期入学優遇制度について

木漏れ日1

ホメオパシー専門コース第12期生募集にあたり、早期入学優遇制度があります。
関心のある方はご検討の材料にしてください。

対象者、対象期間

ホメオパシー専門コース第12期生(通学・通信)及び専門コース編入学生

2019年1月末までにご入学の申し込みをされた方で、2月10日までにご入金の手続きを済ませた方。

優遇内容

1.ご入学金を半額にさせて頂きます。

2.CHKが主催している各講座(基本講座など)への参加について、

お申込みして頂いた時から、無料になります。

 

詳細は、クラシカルホメオパシー京都までお尋ねください。

授業見学・入学説明会開催中

クラシカルホメオパシー専門コース(2019年度専門コース12期生募集のための)の授業見学・入学説明会始まりました。
もちろん参加費は無料です。

授業体験・見学会では、実際の授業をそのまま見学していただけますので、
教室の雰囲気や学生の様子、講師の授業の進め方など、入学後の自分をそのままイメージしていただけます。
また、授業にも参加・授業内容のご質問もしていただけます。

遠方におられる方のためにスカイプによる通信受講見学もできますので、お尋ねください。

入学説明会は、ホメオパシー基本講座付き(講座後に実施します)です。

ご興味のある方はぜひ、お気軽にお申込みください。

www.chk-homeopathy.jp/classtour

ホメオパシー通信専門コース入学ご希望の皆さんへ

Nux-v

ホメオパシー通信専門コースへの入学希望の皆さんへのお知らせ

2019年度通信専門コース生募集中!お申込み締切は、2018年7月末です。

 

ホメオパシー通信専門コース

www.chk-homeopathy.jp/correspondence_course

 

 

ホメオパシー専門コース編入学ご希望の皆さんへ

木漏れ日1

ホメオパシー専門コースへの編入学希望の皆さんへ 2019年度専門コースのご編入生募集中!

最近、途中編入学ご希望のお問い合わせが増えて参りました。 以前一通りホメオパシーの勉強はしたが、もう一度学び直したい。 あるいは、現在他校で学んでいるものの、自分には合っていないので変わりたい。 など、悩んでおられる方からのご相談が増えています。 もちろん、途中編入は大歓迎ですが、よりスムーズに編入学して頂きたいため、昨秋より「専門コース新編入制度」を設けました。 ご興味・関心のある方はお気軽にご相談下さい。

2018年11月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

11月3日(土)4日(日)

今月は「先月のレメディの復習(Dulc.Lac-d.)」「メソドロジー(臓器に関係したレメディ)」「ケース学習(マヤズム傾向からケースを考える)」「今月のレメディ学習(Dros.Berb.)」「3回目の処方」について学びました。
(画像は、Dros.モウセンゴケ)

 

「ケース学習(マヤズム傾向からケースを考える)」

ホメオパシーの目的は、「シミリマムレメディ(最類似レメディ)」を提案して、病に苦しんでいるクライアントを健康な状態に導くことです。

ただ、複雑なケースになると、単純に症状の全体像を描くレパートライズを主体に置いた正攻法だけでは、シミリマムレメディが選べないことがあります。そんな時には、病全体の持つエネルギー傾向(マヤズム傾向)から、考えて行く方法を使うことがあります。

続きを読む »

(お知らせ)クラシカルホメオパシー京都(CHK)からのお願い

最近、CHKの講座へのお申込みを頂いたみなさんにご返事させて頂いたメールが、迷惑メールフォルダーに入ってしまうことが、何件かありました。

CHKでは、各講座へのお申込みやお問い合わせを頂いた方には、12時間以内にご返事をするように心がけています。ご連絡されてから2日経っても、当方からの連絡がない場合には、一度、迷惑メールフォルダーをご覧下さい。以下の迷惑メール対策センターサイトをご参照下さい。

迷惑メール対策センター

m-wake.com/

2018年10月授業報告(1年生~初級コース)

10月27日(土)28日(日)

今月は「8月のレメディの復習」「オルガノン学習(§46~60)」「レメディ学習(Staph.Merc.Lach.)」「古典的ケース学習」「9月の国際セミナー復習」を学びました。

尚、今月からは、すべての授業で、レパートリー(症状からレメディを検索する辞書)を使い始めました。

(画像は、Lach.)

 
「レメディ学習(Staph.Merc.Lach.)」

今月も、各レメディの原材料について、事前に調べて来てもらいました。
この原材料の事前学習を始めてから、半年ほどになりますが、生徒さんたちのレメディに対する理解度が以前とは格段に違うことを実感しています。

続きを読む »

2018年10月授業報告(2年生~中級コース)

10月20日(土)21日(日)

今月より編入生が加わりメンバーが増えたせいか、生徒さんからの発言も活発でした。
今月は「8月のレメディの復習(Coff.Iod.Naja.)」「オルガノン学習(§100~110)」「ケース学習」「今月のレメディ学習(Psor.Alum.Cocc.)」を学びました。(画像は.Alum.~アルミナボール)

授業前に、生徒さん各自から近況報告をして頂いているのですが、ある生徒さんは、9月の国際セミナーの講師:森井啓二先生からの刺激を受けて、レメディの原材料を調べる楽しみを見出し、今、自分が一番反応するレメディの原材料について研究したことをシェアしてくれました。その熱意に同期生たちも刺激を受けていました。

 
「今月のレメディ学習(Psor.Alum.Cocc.)」

生徒さんには、全員、事前に調べてきてもらった原材料情報をシェアしてもらってから、それぞれの授業に入りました。

Psor.は、皮膚病(疥癬)の患部から調整されたNosodes(ノソーズ)です。
皮膚症状に苦しむ人のためのレメディとして、古くから活用されて来ました。

続きを読む »

1 / 1512345...10...最後 »