お知らせ&更新情報

2018年5月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

周期表

5月12日(土)13日(日)

今月は、「先月のレメディの復習」「ホメオパシー方法論(原因論的処方)」「今月のレメディ学習(Cic.Bufo.)」「ケース学習」「周期律について(第3シリーズ)」

 

「ケース学習」「周期律について(第3シリーズ)」

「ケース学習」と「周期律」の講義を連動するように進めてみました。

続きを読む »

クラシカルホメオパシー東京講座・開講のおしらせ

東京でクラシカルホメオパシー京都(CHK)主催の講座を、開催します。

講師の中村裕恵先生は、消化器専門医で、20年以上前にホメオパシーが日本で始まって以来の草分けであり、ハーブ・アロマ・フラワーエッセンス等の自然療法にも女性の健康・美容にも造詣が深い自然療法のプロフェッショナルです。

クラシカルホメオパシーとは、古くから英国王室でも利用している伝統と実績のある自然療法です。中村裕恵先生はその神髄を楽しくやさしく講義してくれます。

 

「はじめてのクラシカルホメオパシー講座」

クラシカルホメオパシーとは、どのようなものか?について、中村裕恵講師が、楽しくお伝えいたします。お気軽にお越し下さい。

 

日時:8月5日(日)13時~16時

会場:東京都内(会場調整中)

講師:中村裕恵(CHK特別講師)

www.chk-homeopathy.jp/seminar/beginner/3908/

 

「クラシカルホメオパシー3回基礎講座」

クラシカルホメオパシーの基本になる考え方や、具体的なレメディの活用法について、月に1回ペースで、3回に渡ってお伝えします。学んですぐに使えるように、個別に丁寧にお話しさせていただきます。

 

日時:10月14日(日)11月4日(日)12月2日(日)各13時~16時

会場:東京都内(会場調整中)

講師:中村裕恵(CHK特別講師)・野村潤平(CHK主任講師)他

www.chk-homeopathy.jp/seminar/selfcare/3909/

 

授業見学・入学説明会開催中!

ホメオパシー専門コース(2018年度専門コース11期生募集のための)の授業見学・入学説明会開催中です。
もちろん参加費は無料です。

授業体験・見学会では、実際の授業をそのまま見学していただけますので、
教室の雰囲気や学生の様子、講師の授業の進め方など、入学後の自分をそのままイメージしていただけます。
また、授業にも参加・授業内容のご質問もしていただけます。

遠方におられる方のためにスカイプによる通信での受講もできますので、お尋ねください。

入学説明会は、ホメオパシー基本講座付き(講座後に実施します)です。

ご興味のある方はぜひ、お気軽にお申込みください。

www.chk-homeopathy.jp/classtour

ホメオパシー通信専門コース入学ご希望の皆さんへ

Nux-v

ホメオパシー通信専門コースへの入学希望の皆さんへのお知らせ

2018年度通信専門コースのご入学のお申込み締切は、2018年7月末です.

 

 

ホメオパシー専門コース編入学ご希望の皆さんへ

木漏れ日1

ホメオパシー専門コースへの編入学希望の皆さんへ 2018年度専門コースのご編入のお申込み締切は、2018年6月末です。お早めにお申し込み下さい。

最近、途中編入学ご希望のお問い合わせが増えて参りました。 以前一通りホメオパシーの勉強はしたが、もう一度学び直したい。 あるいは、現在他校で学んでいるものの、自分には合っていないので変わりたい。 など、悩んでおられる方からのご相談が増えています。 もちろん、途中編入は大歓迎ですが、よりスムーズに編入学して頂きたいため、昨秋より「専門コース新編入制度」を設けました。 ご興味・関心のある方はお気軽にご相談下さい。

(お知らせ)遠くの方でも、スカイプでホメオパシーの基本を学べます!

菜の花小

クラシカルホメオパシー京都(CHK)では、数年前から、遠方の方にも、4年制専門コースの受講がしやすいように、スカイプを利用した通信受講の環境改善に努力して来ました。その結果、最近では、スカイプでの受講環境がとても安定して来ました。

 

今春4月より、専門コース以外に、「ホメオパシー基本(6回)コース」でも、スカイプでの受講をお受けすることにしました。今後、順次対象講座を広げて行く予定です。受講料は、通学される場合と同じですが、スカイプの事前設定など、準備をして頂く必要があります。

 

◎スカイプ受講可能な対象講座(2018年4月より)

・春開講!京都ホメオパシー基本6回コース(木曜日)(5/17日~2回目)
詳細は、CHK事務局まで、お尋ね下さい。

お問い合わせ先:info@chk-homeopathy.jp

2018年4月授業報告(1年生~初級コース)

菜の花小

4月28日(土)29日(日)

いよいよ、新たに専門(初級)コースが始まりました。
京都・奈良・滋賀・岡山・名古屋・東京から、ユニークなメンバーが揃いました。積極的に発言される方が多く、楽しいクラスになりそうです。

今月は、「オリエンテーション」「ホメオパスの役割とは?」「健康・病気・症状について」 「今月のレメディ学習(Acon.Bell./Arn.Calen.)」「オルガノン学習(§4~6)」を学びました。

 

「ホメオパスの役割とは?」

CHKの授業では、ホメオパシーの創始者ハーネマンが著した『オルガノン』を授業の中心に据えて、出来る限り基本に忠実に学びを深めて行きます。

続きを読む »

2018年4月授業報告(2年生~中級コース)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

4月21日(土)22日(日)

今月は、「2月のレメディの復習」「オルガノン学習(§43-70の復習)」「今月のレメディ学習(Stram.Hyos.Plat.)」「レパートリー練習」を学びました。

(画像は、Stram.)

 
「今月のレメディ学習(Stram.Hyos.Plat.)」

今月学んだレメディは、ナス科の2つのレメディ(Stram.Hyos.)と貴金属レメディ代表の白金(Plat.)です。いずれのレメディも特色がハッキリしているので、画像紹介や原物質のエネルギーを感じ取ってもらいながら、授業を進めました。

ナス科のレメディは、1年次に学んだBell.と合わせて、3つになりました。

この3つのナス科のレメディは、脳・神経に関する症状が多いなど共通項も多いです。
古くから、欧州などでは、妄想や譫妄が起きやすく、暴力的症状や癲癇症状の人に活用されて来ました。3つともその原物質に含まれる成分はかなり似通っていて、見分けにくい点もありますが、Delusion(妄想=思い込み=その人の世界観)で鑑別することもあります。

 
ホメオパシーの世界では
「Disease is Delusion.Cure is Awarness.(病とは妄想であり治癒とは気づきである)」
という言葉があります。

似たようなナス科の3つのレメディですが、それぞれ微妙に異なる妄想の中で生きています。

Bell.は、まるで、自分が絞首台の前にいる(差し迫った恐怖)妄想。
MIND; DELUSIONS, imaginations; gallows, of, with fear

Stram.は、荒野に一人ぼっちでいる(恐ろしいほどの孤独と恐怖)妄想。
MIND; DELUSIONS, imaginations; alone; wilderness, in a

Hyos.は、自分の妻(夫)が不実である(疑いと嫉妬)妄想。
MIND; DELUSIONS, imaginations; wife; faithless, is

 
妄想という角度から病やレメディを学ぶことで、人への観方が深まって行きます。

2018年4月授業報告(3年生~上級コース)

Elaps.画像1

今月は、新規に編入生を迎えて、新たな気持ちでの今年度初めての授業になりました。
4月14日(土)15日(日)

今月は、いよいよ3年生から始まる「スーパーバイズ(ケース実習)オリエンテーション」「2月のレメディの復習(Nit-ac.Falco-pe.)」「今月のレメディ学習(Elaps.Ph-ac.)」「ケース学習」「生徒さんの身近な人のケース検討」を学びました。(画像は、Elaps.)


「生徒さんの身近な人のケース検討」

これまで毎月、授業の最初に皆さんから近況報告をして頂いて来たのですが、その際、ご自分や身近な方のレメディとして何を選んだら良いのか?についてのご相談が多くありました。今春3年生になるのをきっかけに、その相談内容を授業で取り上げて、皆さんと一緒に考えて行く時間にすることにしました。

続きを読む »

プロフェッショナルコース(4年生)授業報告

木漏れ日1

4月7日(土)8日(日)

いよいよ、2018年度の最初の授業が始まりました。

今月は、「2月のレメディの復習」「古典的ケース学習」「オルガノン学習(§283~292)」「レメディ学習」「ケース学習」「コンピュータレパートリー実習」を学びました。

 

「ケース学習」

このクラスは、既に、スーパーバイズ(ケース実習)を始めてしばらく経ち、色々迷いも出て来ているところですので、以前、講師が経験したシンプルなケースを材料にして、ケース分析の基本を改めておさらいしてみました。

続きを読む »

1 / 1312345...10...最後 »