お知らせ&更新情報

2020年度専門コース生(第13期生)募集は11月より始まりました

CHK2020学校案内表紙データ小

2020年度専門コース生(第13期生~2020年4月開講予定)の募集は11月より始まりました。(通信コース・専門コース編入制度・卒業後の再履修コース もあります)

関心のある方は、いつでもお問い合わせ下さい。

(画像は、2020年度入学案内です)

 

ホメオパシーを本格的に学んでみたい方のコースです。4段階(初級~プロまで)のステップアップ方式ですので、無理なく始められます。

初級コースの1年間だけ、学ぶことでも、ホメオパシーの基本への理解と急性症状への対処ができるようになります。身の周りの方の健康管理もバッチリです。

2020年度も専門コースはステップアップ方式で進めて行きます。2014年度以降講義の構成や進め方は大きく変わりましたが、ホメオパシーの原典『オルガノン』を基本にすえる基本方針はかわりません。従来に比べると各学年(ステップ)ごとの習得目標が明確になりました。

また、最近では、英文教材は、「英日対訳」比率を高めています。英語が苦手な方、ホメオパシーの超初心者にも、学びやすく、よりなじみやすいように配慮しています。安心して、専門的に学び始めることが出来るようになりました。

専門通信コースもあります。授業のDVD(通学コース授業をカメラ据え置き撮り)を見ながら、お好きな時間にご自分のペースで学んで頂くコースと、Web(スカイプ)を利用して、通学コースの授業をリアルタイムで受講して頂くコースがあります。(Web.コースは、ネット環境にも依りますので、ご相談下さい。)

 

授業見学会・入学説明会は、11月から開催中!

www.chk-homeopathy.jp/classtour

 

専門コース(通学・通信・編入)の内容は・・・

専門(通学)コース

www.chk-homeopathy.jp/homeopath_course

専門通信コース

www.chk-homeopathy.jp/correspondence_course

専門コース編入制度

www.chk-homeopathy.jp/homeopath_course_transfer/

ポテンタイズコース(卒業された方のための再履修コース)

www.chk-homeopathy.jp/news/4393/

 

 

入学案内資料請求及びホメオパシー専門コースお問い合わせ

www.chk-homeopathy.jp/catalog

 

 

ホメオパシー基本講座のお知らせ!

基本講座用テキスト日本語教材

ホメオパシーキットを買ってみたもののタンスの中で眠っていませんか?

ホメオパシー基本講座(木曜日午前コースと土曜日午後コース)は、10月から秋の2講座(木曜日午前コース・土曜日午後コース)がスタートしました。
1ヶ月に1回ペースのゆったり講座ですが、途中からのご参加も歓迎します。どの回から始めても良いように構成していますので、お気軽にお申し込み下さい。
ホメオパシーは日本ではあまり知られていませんが、欧州では、ご家庭での健康管理に広く利用されているほか、古くから英国王室にも活用されてきた伝統的な自然療法です。(写真は基本講座テキスト)

続きを読む »

ホメオパシー専門コース編入学ご希望の皆さんへ

ホメオパシー専門コースへの編入学希望の皆さんへ

専門コースのご編入生。常時募集中!

最近、途中編入学ご希望のお問い合わせが増えて参りました。 以前一通りホメオパシーの勉強はしたが、もう一度学び直したい。 あるいは、現在他校で学んでいるものの、自分には合っていないので変わりたい。 など、悩んでおられる方からのご相談が増えています。 もちろん、途中編入は大歓迎です。よりスムーズに編入学して頂きたいため、「専門コース編入制度」を設けました。 ご興味・関心のある方はお気軽にご相談下さい。

ホメオパシー通信専門コース入学ご希望の皆さんへ

Nux-v

ホメオパシー通信専門コースへの入学希望の皆さんへのお知らせ

2019年度通信専門コース生募集も、11月から始まりました。

 

 

ホメオパシー通信専門コース

www.chk-homeopathy.jp/correspondence_course

 

 

CHK専門コース「ポテンタイズコース(再履修コース)」を開講中!

解剖生理学講義

2019年春より、4年制専門コースに、新規に「ポテンタイズコース(再履修コース)」を開講しました。

すでに、3年制又は4年制のホメオパシーの専門過程を履修済の方を対象に、当校の専門コースで、再度学んで頂くことで、ホメオパシー力を更に深めて頂くためのコースです。

通学コース・通信(スカイプ又はDVD)コースがあります。授業料は、通常の半額(CHK卒業生は、1/3)で、常時、募集中です。

 

 

ホメオパシーの学びの原材料は同じかも知れません・・・オルガノン・マテリアメディカ・レパートリー等など
これまでとは違う場所で、違う仲間と学びを深めてみませんか。きっとあなた自身をポテンタイズ(潜在力アップ)することでしょう!

「ポテンタイズコース」は、クラシカルホメオパシー京都(CHK)で、現在開講中の下記4つの専門コースのいずれかに編入の上、受講して頂きます。初級コース(1年目)からプロフェッショナルコース(4年目)までの中から、選んで頂けます。

初級(1年目)基本理論全体と特に急性症状への対応について学びます
Organon(§1~70)、基本原理、法則、単一最小投与、プルービング実習、解剖・生理・病理症候学、主として急性症状のレメディ35個 等

 

中級(2年目)基本を深めながら、特に慢性症状への対応について学びます
Organon(§71~148)、原理の理解を深める、マヤズム論・基本、 偏見なき観察者とは、古典ケース学習、ケース学習・基本、主として慢性症状のレメディ30個、解剖・生理・病理症候学 等

 

上級(3年目)比較的シンプルなケース学習を通じ基本理論を深めて行きます
Organon(149~292)、CLAMS、ケース実習・基本、マヤズム論、ケース学習、ポテンシーとは、Nosodesのレメディ、周期律の観点から鉱物レメディを考察 主として慢性症状のレメディ30個、
初回投与の査定と2回目の処方・基本、 解剖・生理・病理症候学 等

 

プロフェッショナル(4年目)複雑なケースにも対応できるよう、実践力を身につけて行きます
ケース実習応用 ホメオパシー方法論(様々な実践的メソッド)、初回投与の査定と2回目の処方、ケースマネージメント、解剖・生理・病理症候学 等
◎入学金
他校卒業・修了生:CHK専門コース入学金の半額
CHK卒業・修了生:無料

 

◎受講料

他校卒業・修了生:CHK専門コース授業料の半額。
CHK卒業・修了生:CHK専門コース授業料の1/3。

 

◎お申込み条件
ホメオパシー専門過程(3年制・4年制)を卒業または修了されていることを証明するものをご提出下さい。

◎基本テキスト代 CHK専門コースで使うテキストはご購入下さい。内容はお尋ね下さい。

◎定員:各コース3名まで(定員になり次第締切せて頂きます)

◎卒業資格:CHK卒業資格基準に準じる

◎通信コース:スカイプコースとDVD(YouTube)コースがあります。

※通信コースで使用するDVD録画内容は、通学コースの授業をカメラ据え置き録画したものです。

お名前(漢字)必須
お名前(フリガナ)必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号
ご住所
メルマガ受信必須
季刊発行
お問い合わせ内容必須
個人情報保護方針必須
個人情報保護方針をお読みの上、同意ください。

2019年度CHK国際セミナー報告

集合写真1

2019年度CHK国際セミナーが終了しました 「今年の先生、楽しかった!」 ・・・というのが、今回国際セミナーへの参加者の皆さんの第一声でした。

去る10月12日~14日、イタリア人医師ホメオパスのヴァレリオ・セルバ先生をお招きして、3日間のセミナーを開催しました。私達、講師からみても、過去11回開催した国際セミナーの内でも、ベスト3に入る素晴らしい講義だったと思います。

今回セミナーで参加者や私達講師も、ともに最も感動したのは、理解不足を一人も出さないぞ!という、なんとも暖かく、誠意に溢れた丁寧な態度でした。そして、3日間の講義全体を通じての謙虚な姿勢にも好感を持ちました。 また、先生は、元ミュージシャンという変わり種の医師ホメオパスでもあるだけに、授業構成が芸術的且つダイナミックで、講義全体を「ホメオパスとしての成長の旅」のストーリーに見立てて進められました。タイムリーにアニメも引用するという斬新な方法で、理解を促してくれました。

講義内容は、ホメオパシー哲学(オルガノンの基本構造・類似の法則・全体像・バイタルフォース・急性病と慢性病・治癒とは? 等)を中心に、急性症状に対するアプローチについて、ケース学習、レメディ学習、4つのエレメントの活用法などでした。入学間もない初心者からプロホメオパスとして活動中の方までの幅広い参加者にも納得の内容でした。

特に、ご自身が、ホメオパスになることを志したものの一度挫折した経緯や、実際の診療活動では、子供とお母さんに焦点を合わせて、どのように診療や、ホメオパシーの啓蒙活動をしているのか、また、難しい症例では、他の療法家とともに、チームで、取り組むスタイルを取るなど、具体的で等身大の活動姿勢が、受講者の胸に響きました。

近い将来、ホメオパスとして活動しようとしている多くの参加者にとって、明日への希望と示唆を与えてもらえたのではないでしょうか。 また、将来もぜひ来て頂きたい先生でした。(文責:荻野)

※バレリオ先生は、アフリカ・タンザニアで、活動を続けておられるジェレミー・シェア先生のところにもボランティアで参加されていました。また、ホメオパシーの実践家になることを決めた後に、医学部に進学して医師免許を取得されました。愛と情熱の人です。

『人はなぜ病むのだろうか?』~クラシカルホメオパシー京都設立12周年を迎えて

慢性病論英文小

『人はなぜ病むのだろうか?』

『病んでしまった人は、どうしたら元に戻れるのだろうか?』

この2つの問いは、25年前、私が、脳出血で倒れて以来、自分に対して、あるいは周りの誰かに対して問い続けてきたものです。

担当の脳神経外科医に繰り返し尋ね、理学療法士や作業療法士に会うたびに問いかけ、専門医の書いた本を読み、様々な治療家にも問い続けたのですが、納得のゆく答えは得られませんでした。問われた方はさぞかしお困りだったでしょう。
問いが難しすぎて、誰にも分からないのだろうか?と諦めかけたこともあります。

それでも尚、求め続けて行くと、日本の整体法の創始者:野口晴哉氏とヨガ哲学者:中村天風氏とホメオパシーの創始者:サミュエル・ハーネマン氏の3人の先駆者の著したものに出会うことになりました。

いずれも故人でしたが、私は三先生の言葉に救われました。

特に、サミュエル・ハーネマンが著した『オルガノン』には、私が求め続けた2つの問いに対する答えが明記してあったのです。

「病とは、目には見えない生命エネルギーが乱れた状態のことである。」
「健康(治癒)は、生命エネルギーの乱れが治まれば、取り戻すことができる。」
「目には見えない生命エネルギーの乱れを治めるためには、モノでは無理であり、
目には見えない自然界のエネルギー(レメディ)の力を借りるしかない。」
私は、彼の言葉に従って、健康を取り戻しました。
『オルガノン』には、病への真の理解と健康の取り戻し方が記してあります。
おそらく、人類史上世界中の誰にも解明出来なかった内容だと思われます。

クラシカルホメオパシー京都の設立は、このことを少しでも多くの方に知って頂きたいという願いから始まりました。2007年にクラシカルホメオパシー京都を設立して以来、12年間、専門コースでの学びは『オルガノン』を中心にすえてきました。

クラシカルホメオパシー京都の専門コースで学んだ生徒たちは、皆、病への真の理解と健康の取り戻し方を知っています。(画像は、ハーネマン著『慢性病論』の表紙です)

 

2019年10月 クラシカルホメオパシー京都 荻野哲也

2019年7月授業報告(1年生~初級コース)

flowering Pulsatilla halleri

●7月27日(土)28日(日)

今月は「先月のレメディの復習(Nat-m.Ign.Sep.)」「オルガノン学習(§26~34)」「今月のレメディ学習(Puls.Phos.Calc.)」「ホメオパシー哲学(類似性・SRP・シングルレメディについて等)」を学びました。

 
「今月のレメディ学習(Puls.Phos.Calc.)」
今月からは、事前学習として、各レメディの原材料を調べて来てもらいました。レメディの原材料を知ることは、そのレメディの本質的な理解にとても役立ちます。CHKでは、数年前から、全学年でレメディ学習の時には必ず事前に調べて来てもらっています。

続きを読む »

6月授業報告(2年生~中級コース)

Lil-t Verat

今月は、「5月のレメディの復習(Anac.Ferr.Lac-c.)」「オルガノン学習(§100~109)」「今月のレメディ学習(Lac-d.Lil-t.Verat.)」「古典的ケース学習(レパートリーに慣れる)」を学びました。(画像は、ユリ科の2つのレメディ原料:タイガーリリーとバイケイソウ)

 
「今月のレメディ学習(Lil-t.Verat.Lac-d.)」

Lil-t.は、タイガーリリー(鬼百合)から調整されるレメディです。授業の初めに生徒さんに事前に調べて来てもらった原材料情報を発表してもらいました。

このレメディの精神症状は、ユリ的な宗教性・罪悪感とトラ的な野生性やパッションの間での葛藤が特徴的です。その葛藤から逃れるためにいつも急いで、一度にたくさんのことをしようとします。自分の重要性を強く言い立てることもあります。ユリ科のレメディの共通項は、世間から押し出されて見捨てられたような感覚を持っていることです。

続きを読む »

2019年5月授業報告(上級コース~3年生)

嵯峨野

5月18日(土)19日(日)

今月は、急遽、ライブケース実習をすることになりました。2日間の授業構成は、ライブケース中心に全面的に入れ替えました。

今月の授業内容は「ケースの取り方(オルガノン§83~99)」「ライブケース実習」「ライブケースの分析」「2回目の処方について」「レメディ学習(Mag-c.)」を学びました。

今回のライブケース実習では、講師がセッションをして、それを生徒さんが横に座って観るというスタイルで進めました。

 
「ケースの取り方(オルガノン§83~99)」
事前準備として、オルガノン§83~99の要約を再度、精読して、もし、自分がセッションするとしたら、どのように進めるかを念頭に臨んで頂くことにしました。

 
「ライブケース実習」
生徒さんからご紹介頂いたクライアントさんにお越し頂き、2時間ほどの時間を掛けて、野村講師がケースを取りました。最後に、生徒さん皆さんからの質問を受けて終了しました。

クライアントさんが、退席された後、ケースの確認後に、ざっと前分析までをしました。
そして、翌日の午後の授業までに、各人で、ケースの分析をして、「何が癒やされるべきか?(どのような乱れが起きているのか?)」を考える宿題を出しました。レメディを探すことも大切ですが、まずは、クライアントさんが、どのように病んでいるのか?(乱れているのか?)について考えて来てもらうことにしました。

 
「ライブケースの分析」(翌日)

「分析」では、生徒さん一人ひとりに、考えて来てもらった「病の中心(統合)」を発表してもらいました。皆さん、なかなか鋭い良い分析です。まとめとして、講師が理解したケースの統合を伝えて、皆さんの理解を確かなものにして頂きました。ホメオパスには、レメディを考える前に、ここまでをシッカリ理解しておくことが求められます。その後は作業的に進行します。最適な症状(Rubrics)を選び、いくつか出てきた候補レメディを絞り込み、最終的には、たった一つのレメディにたどり着きました。

ライブケース実習では、臨場感のある実践を通じて、これまでの机上の学びを自分のものにして頂く絶好の機会になると思います。

次回は、今回選んだレメディの評価のためのセッション「2回目の処方」をすることになります。次回が楽しみです。

そのことを想定して翌日の午前には「2回目の処方」について学びました。

2日間ともスカイプ受講者が過半数でしたが、臨場感のある授業体験をして頂けたのではないでしょうか。

1 / 1712345...10...最後 »