お知らせ&更新情報

2018年2月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

春の会データ画像

2月3日(土)4日(日)

今月は卒業月でした。

今月の授業内容は、「ケース学習」「レメディの知識の増やし方」「オルガノン§249~最終§まで」「12月に実施したライブケースの2回目のフォローアップ(実習)」「卒業式」でした。(画像は、3月の春の公開講座チラシ)

 
「12月に実施したライブケースの2回目のフォローアップ(実習)」

ライブケースのクライアント役になって頂いた方が、急に風邪を引かれたため、急遽スカイプを利用して、3回目のフォローアップセッションをしました。
教室のPC画面で、生徒さん代表がホメオパス役になり、経過確認をしてゆきました。

風邪症状はあるようでしたが、お話ししてみると、さほどの状態でもなく、主訴はもちろん、心身全体に元気になっていることが確認できました。
今回の風邪症状は、レメディの反応(好転)だったと判断できました。スカイプの画面に映るクライアントさんは、とても良い表情をしておられました。

この1年間で、ライブケース学習は2件実施できましたが、いずれもクライアントさんは、劇的に改善しました。それを生徒さんたちの自力で成し遂げたことは、おおいに自信になったと思います。

 

「卒業式」

生徒さんたちには、お一人ずつ、4年間最後の課題として『オルガノン』から自分の好きな一章を挙げて頂き、それのどこが好きか話してもらいました。それに引き続いて、卒業後の抱負を述べて頂きました。

どの生徒さんの言葉からも、ホメオパシーへの熱い思いと、4年間ともに学んだ仲間への感謝の気持ちに溢れていました。

いつも賑やかで行動的な彼らの卒業は、寂しい限りですが、これからの活躍を思うと、とてもうれしいです。

3月18日(日)には、彼ら7期生の卒業発表会があります。ぜひ、ご参加下さい。

『春の公開講座~7期生卒業発表会』

www.chk-homeopathy.jp/seminar/special/3120/