お知らせ&更新情報

2018年12月授業報告(2年生~中級コース)

12月15日(土)16日(日)

今月は、「先月のレメディの復習(Coloc.Ph-ac.Syph.)」「オルガノン学習)§124~140)」「今月のレメディ学習(Ambr.)」「ケース学習」「エルマー先生の特別講義」を学びました。(画像は、Ambr.マッコウクジラ)

 

「エルマー先生の特別講義」

京都で、クラシカルホメオパシーをされているドイツ人のエルマー先生にお越し頂き、特別講義をして頂きました。

ew-homeopathy.net/profile

エルマー先生は、数十年前にご自分の専門である哲学を学ぶため京都大学に留学生として来日され、その後、日本と欧州で、美術関係の企画やギャラリーの仕事を始められました。日本と欧州の間を行き来している間に、ドイツで、あるホメオパスに健康相談を受けるようになりました。
ある日、そのホメオパスから、ホメオパシーを勉強しませんかと誘われたのが、ホメオパシーの世界に入るきっかけになったようです。ドイツ本国で、ホメオパスの資格を取った後、日本で活動することを決め、まずは東京で開業し、数年前より京都を拠点に定めたとのこと。京都に移転されるタイミングで、美術やギャラリーの仕事は奥様に引き継ぎ、ご自身はホメオパシーのプラクティスに専念することにされました。

今春4月、私(荻野)は、エルマー先生と初めてお会いしました。
ホメオパスとしてだけでなく、人としてとても惹かれるものがあり、その後、クラシカルホメオパシー京都の専門コースの授業にも何度か来て頂きました。

エルマー先生が、創始者ハーネマンの精神に出来るだけ忠実なホメオパシーをされようとしている点は、私達がクラシカルホメオパシー京都の設立時に掲げた理念と全く同じです。

今回の特別講義では、生徒達との意見交換的な授業をお願いしました。その受け答えの中で、エルマー先生が、人生の選択に当たって、いつも、より困難な道を選んで来られた方だと分かりました。

生徒達からの様々な質問に対して一つ一つ丁寧に答えて頂きました。ホメオパシーに対する揺るぎない理解とご自身独自の見解を持っておられることがよく伝わって来ました。何よりも、前向きな態度での受け答えに感心しました。生徒達は、エルマー先生の態度と生き様からとても良い刺激を受けたようでした。

今後も一緒に、日本のホメオパシーを盛り上げて行きたいと思います。