2018年度CHK国際セミナー『いのち・いきもの・ホメオパシー』

森井先生2小サイズ

アーリーバード(早期お申し込み優遇)の締め切りは、7月31日です。参加を予定されている方は、早めにお申し込みされることをお勧めします。

 

今年度のCHK国際セミナーでは、森井啓二先生をお招きし、「いのち・いきもの・ホメオパシー」と題して、2日間の講義を開催いたします。

森井啓二先生は、日本における動物に対するホメオパシー治療の第一人者です。

動物分野に限らず、日本のホメオパシーの第一人者と言っても過言ではありません。

当セミナーでは、ホメオパシーの基本哲学について深め、ご専門である動物に対するホメオパシー治療の素晴らしさをご紹介していただきます。

全ての生き物に対する人間のあり方を考えていただく時間になることを願っています。

 

 

講師紹介

東京「しんでん森の動物病院」院長。専門は動物の統合診療医&外科医。

東京生まれ。北海道大学大学院獣医学研究科卒業後、オーストラリア各地の動物病院で研修。1980年代後半から動物病院院長として統合医療を開始。日本ホメオパシー医学会理事、同会獣医師部会代表を務め、日本ホメオパシー医学会認定専門医、英国 Faculty of Homeopathy認定獣医師。現在、日本ホメオパシー獣医学会理事長。

著書に「臨床家のためのホメオパシー・マテリアメディカ」「一歩すすんだセルフケアのためのホメオパシー」「実践動物と人のためのホメオパシー」「光の魂たち・動物編」など多数。趣味は、瞑想、ヨガ、走ること、油絵を描くこと。自然が大好き。40年前にクリヤヨギたちと会う。クリヤ・ヨガ実践。

 

<関連リンク>