特別セミナー

延期! 特別セミナー!流行病に対するホメオパシー的対策~予防法も含む(1回完結)(3月5日木曜日10時~)

大変申し訳ありませんが、当セミナーは、延期させて頂きます。

2020年3月5日(木)10時~12時半に、「特別セミナー!流行病に対するホメオパシー的対策~予防法も含む(1回完結)」を緊急開催します。

かつて、ホメオパシーの創始者:ハーネマン(ドイツ人医師)は、当時、欧州で流行したコレラに対して、ホメオパシーで大きな成果を上げました。また、猩紅熱という流行病に対しては予防対処でも成果を上げています。さらに、100年ほど前、世界中でスペイン風邪(パンデミック~国を揺るがしかねない広範囲の流行病)が猛威を奮っていた頃、アメリカでもホメオパシーは大活躍しています。(100年ほど前は、アメリカでホメオパシーは盛んに利用されていました)

そういう歴史的事実を知る私達ホメオパスは、最近、盛んに報道されている流行病のニュースを聞いても慌てないで済みます。もし身近で流行しても対処法に不安が無いからです。

最近のコロナウイルス肺炎(パンデミックになりつつある)の報道で、不安や恐怖に苛まれている方も多いと思います。ここ数日、ホメオパシーでは、何が出来るのですか?とのお問合わせも頂いています。

そのご要望にお答えするために、「ホメオパシーでは、流行病に対して、どう対処しようとするのか?どのように予防法を考えているのか?」についての2時間セミナーを急遽開催することにしました。

ホメオパシーの先進国、イギリスやインドからも少しずつ情報が入って来ています。そのシェアもさせて頂ければと考えています。

ご興味・関心の有る方は、どうぞご参加下さい。

 

詳細

日時3月5日(木)10:00~12:30
(質疑応答の時間含む)
テーマ「ホメオパシーでは、流行病に対してどう対処しようとするのか?どのように予防法を考えているのか?」
講師クラシカルホメオパシー京都専門コース講師
荻野哲也野村潤平荻野千恵美
参加費2,000円※当日現金払い
定員10名
場所CHK四条教室(302号室)
(京都市営地下鉄四条駅又は阪急烏丸駅下車徒歩3~4分)

お申し込みのご連絡をされたにも関わらず、2日以内に返信がない場合は、
お手数ですが、CHK事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。