講師・ホメオパス紹介

荻野 哲也CHK主宰、ホメオパス

荻野哲也

京都大学卒業。1994年、大手企業にて勤務中に脳卒中で倒れる。現代医学と医師に限界を感じた後、様々な代替療法を経験する中でホメオパシーに出会う。患者の立場に立った真のホメオパスを目指し、特に初心者にホメオパシーを理解して頂くことに無常の喜びを見出す。2004年ホメオパシースクールを卒業。その間、Misha Norland、Jeremy Sherr、David Mundy、Murry Feldmanら多くの実力あるホメオパスからの学びを深めながら、関西でのホメオパシーの普及啓蒙に貢献してきた。
「卓越したホメオパス」ではなく、クライアントと共に静かに歩むような「良きホメオパス」でありたいと願ってきた。最近の専門コースの授業では、ケース分析やケースマネージメントを担当し、「その人の何が癒されるべきか?」という病の核心をどうとらえるかについて、誰もが実践できる方法を模索・追及して来た。その捉え方は、次第によりシンプルで深みを増しつつある。

 

インタビューを読む

野村 潤平CHK主任講師、ホメオパス

野村潤平

学生時代は探検部に所属。芝居や畑もする。内戦中のアフガニスタンを訪れた経験から海外の紛争地医療を志し、東大病院の集中治療室・救急看護師となる。
大学在学中にルドルフ・シュタイナーの世界観やシュタイナー医療に強い関心を持ち、ホメオパスになることを決心。ホメオパシースクールを卒業後、2004年よりホメオパスとなる。これまでに2000件以上のセッションを経験。
2008年からクラシカルホメオパシー京都にて講師を担当。オルガノンの講義、レメディ学習、卒業生のケース分析(土曜ケース検討会)を担当している。
趣味は古典文学、芸術鑑賞。京都在住。

荻野 千恵美CHK講師、ホメオパス

荻野千恵美

武庫川女子大学卒業。元小学校教師。夫と娘の病気を期に人生と健康の意味について深く考える機会を得る。氣圧療法士の資格を取得しセラピストとして活動。その後大阪のホメオパシースクールでホメオパシーを学び始め、2007年9月卒業。卒業後は、Misha Norland、Jeremy Sherr、David Mundy、Murry Feldman、Rajan Sankaran、Jo Dalyら多くの実力あるホメオパスからの学びを深めてきた。専門コースでは、主にマテリアメディカの授業を担当。古典的なマテリアメディカやオルガノンの中にはホメオパシーの果てしなく広く深い世界があり、生徒さんやクライアントさん達の内面にも果てしなく広く深い世界がある。これら二つの世界に繋がりを見つけた時の深い感動。それを生徒さんに伝えられたらと願って来た。弊HPの連載「レメディの使い方ABC」は、2014年12月、冊子にまとめた。

インタビューを読む

中村 裕恵CHK解剖生理病理症候学講師、医師ホメオパス

中村裕恵

東京女子医大卒。同付属病院消化器内科等を経て、都内診療所に勤務。
平行してホメオパシー、フラワーエッセンス、ハーブ、アロマセラピー、中医学 等を研修、統合医療ビレッジ内クリニック院長を経て、現在「氣メディスン研究所Be oneselfトータルヒーリングセンター」にて医師ホメオパスとして活動中。
看護大学での解剖生理学講師を5年以上務めた経験と、医師として・ホメオパスとしての経験を加えて、学生ホメオパスに役立つ解剖・生理・病理・症候学講義に、ホメオパシー実践を織り交ぜたユニークな講義を行います。
ホメオパシーセルフケアBOOK」、「ホメオパシーバイブル」など著作・監修。日本内科学会認定内科専門医、日本消化器学会専門医、 British Institute of Homoeopathy Diploma取得、Faculty of Homoeopathy会員他。

服部 優希CHK非常勤講師、ホメオパス

服部優希

ホメオパシーコンサルティングKyoto 代表取締役
京都の伝統工芸にたずさわる老舗に生まれ、NY生活を経てホメオパシーに出会い、それまでの概念をくつがえすホメオパシーの癒しの体系と、それによってもたらされる息を呑むような深くクリアな癒しに魅了される。以来、日本・イギリスで学び、その間、ミッシャ・ノーランド、ラジャン・サンカラン、キム・エリアら、世界の一流ホメオパスに師事し、精度の高いホメオパシーの技術を習得。2011年、ホメオパシーコンサルティングKyotoを設立。現在、京都と東京白金台でコンサルティングを行う。

インタビューを読む

ミハエラ・シェルブレアCHK非常勤講師、顧問、医師ホメオパス

ミハエラ・シェルブレア

医学博士。ルーマニア出身。ブカレスト大学医学部卒業。1993~1995年:国費留学生として来日。名古屋大学医学部第三内科大学院博士課程入学。
「分子病態(ガンの転移のメカニズム)研究」を行う。その後、WHO健康開発総合研究センター(神戸)、笹川平和財団(東京)、国連大学高等研究所(横浜)にて、研究・調査に携わる。語学に堪能。日本語・英語・独語・仏語。2005年結婚。幼い頃から母親が病気で苦しむ姿を見て、副作用の無い方法を使った医師になろうと決心。ホメオパスを目指す。本国で専門的トレーニングを受けた後、オーストリアで集中研修。多くの優れたホメオパス(Prof. Mathias Dorcsi, Dr Jutta Gnaiger, Dr Helga Lesigang, Dr Franz Swoboda, Dr Peter Koenig等)の元で研鑽を積む。

インタビューを読む