お知らせ&更新情報

専門コース:2024年度生(専門コース17期生)募集中!

CHK2020学校案内表紙データ小

ホメオパシー専門コース、2024年度専門コース第17期生募集中です。

募集期間は、11月~2024年7月末まで(通信コースは8月末まで)です。

 

詳細は以下をご覧下さい。

 

「ホメオパシー専門コース」

ホメオパシー専門コース|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

「ホメオパシー専門通信コース」

ホメオパシー専門通信コース|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

「授業見学・入学説明会」

授業見学・説明会(2023年11月~2024年7月まで)|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

★早期ご入学優遇制度があります。詳細は、CHK事務局までお尋ね下さい。

info@chk-homeopathy.jp

 

 

 

 

授業見学・入学説明会開催中

クラシカルホメオパシー専門コース(2024年度専門コース17期生募集のための)の授業見学・入学説明会開催中です。
もちろん参加費は無料です。

授業体験・見学会では、実際の授業をそのまま見学していただけますので、
教室の雰囲気や学生の様子、講師の授業の進め方など、入学後の自分をそのままイメージしていただけます。
また、授業にも参加・授業内容のご質問もしていただけます。

遠方におられる方のためにスカイプによる通信受講見学もできますので、お尋ねください。

入学説明会は、ホメオパシー基本講座付き(講座後に実施します)です。

ご興味のある方はぜひ、お気軽にお申込みください。

http://www.chk-homeopathy.jp/classtour

ホメオパシー6回基本講座(2コース)4月新規開講!Zoom受講可 

基本講座用テキスト日本語教材

「ホメオパシー基本講座・開講!。木曜日コースも土曜日コースも10時~13時で、Zoom受講可能です。

 

ホメオパシーキットを買ってみたもののタンスの中で眠っていませんか?

ホメオパシー基本講座(木曜日午前コースと土曜日午後コース)は、10月から秋の2講座(木曜日午前コース・土曜日午後コース)がスタートしました。
1ヶ月に1回ペースのゆったり講座ですが、途中からのご参加も歓迎します。どの回から始めても良いように構成していますので、お気軽にお申し込み下さい。
ホメオパシーは日本ではあまり知られていませんが、欧州では、ご家庭での健康管理に広く利用されているほか、古くから英国王室にも活用されてきた伝統的な自然療法です。(写真は基本講座テキスト)

続きを読む »

過去に実施してきた国際セミナーのページ作りました

過去に実施してきた国際セミナーのページ作りました。

国際セミナー|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

CHKでは、2007年の学校設立以来、海外の実績と実力があるホメオパスを招聘して、在校生向けおよび一般公開してのセミナーを開催してきました。2020年~2023年までは、パンデミックのために、オンライン開催となりましたが、受講生にとって、なくてはならない大切な時間になっています。

今年の9月にも開催を準備しています。乞うご期待!

 

 

1月~3月のホメオパシー特別セミナー終了

動物セミナーハガキ小

1月~3月に開催したセミナーは、すべて、盛況のうちに無事終了しました。いずれのセミナーも教室は満員となりました。

今後も皆さんに必要とされているテーマで開催予定です。

 

1.「シェディングに対してホメオパシーでできること」(2月23日(祝)13時~1日セミナー)

盛況のうちに無事終了しました!ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

3年以上を経て、ようやくパンデミックのピークは峠を越えましたが、最近では、接種後の不調者とその周辺での不調者(シェディング)が、日に日に増えています。

そういうケースに対して、ホメオパシーで、出来ることをご提案したいと思います。

特別セミナー『シェディングに対してホメオパシーでできること』/’24年2月23日(祝) 13時~|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

 

2.特別セミナー「いのち・動物・ホメオパシー(動物のためのホメオパシーセミナー)」(Animal Homeopathy Day!)を3月10日(日)13時~に1日セミナー開催します。

盛況のうちに無事終了しました!ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

動物の専門家(上原愛童獣医師/「あまみ動物病院」院長)をお招きして、特別セミナーを開催します。

家族にペットがおられる方、ホメオパシーでの動物のケアに興味関心のある方、ホメオパシーを専門的に学ぶ方、などにおすすめします。

◯動物の視点に立った健康管理や適切な診断方法について

◯ホメオパシーを活用する際のケースの取り方やレメディの診断方法

などについての特別講座です。

特別セミナー『動物・いのち・ホメオパシー』/’24年3月10日(日)13時~ Zoom受講可|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

3.恒例の「春の公開講座/CHKホメオパシー春の会」

盛況のうちに無事終了しました!ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

この会は、元々は在校生のための補講を目的に始めたものですが、できるだけ多くの方に、ホメオパシーのことを知って頂きたいという願いを込めて、数年前から公開講座(無料)として定期的に開催しています。

今回は、「形態学・講義」(10時~12時)と「CHK卒業生による卒業後の活動発表会」(13時半~16時半)という内容です。

当企画は、広くホメオパシーに興味・関心のある方にも自由に参加して頂き、気軽に意見交換して行く場にしてゆきたいと思います。

参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。

春の公開講座『CHKホメオパシー春の会(2024年3月16日10時~16時半)』|クラシカルホメオパシー京都 (chk-homeopathy.jp)

 

ホメオパシー6回基本講座(2コース)開講中!Zoom受講可 途中参加歓迎

基本講座用テキスト日本語教材

「ホメオパシー基本講座・開講予定!。木曜日コースも土曜日コースも10時~13時で、Zoom受講可能です。途中参加歓迎です。

 

ホメオパシーキットを買ってみたもののタンスの中で眠っていませんか?

ホメオパシー基本講座(木曜日午前コースと土曜日午後コース)は、10月から秋の2講座(木曜日午前コース・土曜日午後コース)がスタートしました。
1ヶ月に1回ペースのゆったり講座ですが、途中からのご参加も歓迎します。どの回から始めても良いように構成していますので、お気軽にお申し込み下さい。
ホメオパシーは日本ではあまり知られていませんが、欧州では、ご家庭での健康管理に広く利用されているほか、古くから英国王室にも活用されてきた伝統的な自然療法です。(写真は基本講座テキスト)

続きを読む »

当方から2日以内に返信が無い場合のお願い

ご連絡を頂いてから、2日以内に当方からの返信が無い・遅いと感じられたら場合には「迷惑メールフォルダ」をご覧頂けないでしょうか?

当方の講座へのお申込みやお問合せを頂いた場合、24時間以内にご返事させて頂いています。万一、お申込みやお問合せを頂いても2日以内に、返信が見当たらない場合には、

一度「迷惑メールフォルダ」をご覧頂きたいと思います。

最近、返信が無い・遅いなどのご連絡をよくいただきますが、残念ながら、当方では対処が出来ません。よろしくお願いいたします。

 

 

 

『人はなぜ病むのだろうか?』

慢性病論英文小

『人はなぜ病むのだろうか?』

『病んでしまった人は、どうしたら元に戻れるのだろうか?』

この2つの問いは、25年以上前、私が、脳出血で倒れて以来、自分に対して、あるいは周りの誰かに対して問い続けてきたものです。

担当の脳神経外科医に繰り返し尋ね、理学療法士や作業療法士に会うたびに問いかけ、専門医の書いた本を読み、様々な治療家にも問い続けたのですが、納得のゆく答えは得られませんでした。問われた方はさぞかしお困りだったでしょう。
問いが難しすぎて、誰にも分からないのだろうか?と諦めかけたこともあります。

それでも尚、求め続けて行くと、日本の整体法の創始者:野口晴哉氏とヨガ哲学者:中村天風氏とホメオパシーの創始者:サミュエル・ハーネマン氏の3人の先駆者の著したものに出会うことになりました。

いずれも故人でしたが、私は三先生の言葉に救われました。

特に、サミュエル・ハーネマンが著した『オルガノン』には、私が求め続けた2つの問いに対する答えが明記してあったのです。

「病とは、目には見えない生命エネルギーが乱れた状態のことである。」
「健康(治癒)は、生命エネルギーの乱れが治まれば、取り戻すことができる。」
「目には見えない生命エネルギーの乱れを治めるためには、モノでは無理であり、
目には見えない自然界のエネルギー(レメディ)の力を借りるしかない。」
私は、彼の言葉に従って、健康を取り戻しました。
『オルガノン』には、病への真の理解と健康の取り戻し方が記してあります。
おそらく、人類史上世界中の誰にも解明出来なかった内容だと思われます。

クラシカルホメオパシー京都の設立は、このことを少しでも多くの方に知って頂きたいという願いから始まりました。2007年にクラシカルホメオパシー京都を設立して以来、12年間、専門コースでの学びは『オルガノン』を中心にすえてきました。

クラシカルホメオパシー京都の専門コースで学んだ生徒たちは、皆、病への真の理解と健康の取り戻し方を知っています。(画像は、ハーネマン著『慢性病論』の表紙です)

 

2019年10月 クラシカルホメオパシー京都 荻野哲也

2019年7月授業報告(1年生)

flowering Pulsatilla halleri

●7月27日(土)28日(日)

今月は「先月のレメディの復習(Nat-m.Ign.Sep.)」「オルガノン学習(§26~34)」「今月のレメディ学習(Puls.Phos.Calc.)」「ホメオパシー哲学(類似性・SRP・シングルレメディについて等)」を学びました。
「今月のレメディ学習(Puls.Phos.Calc.)」
今月からは、事前学習として、各レメディの原材料を調べて来てもらいました。レメディの原材料を知ることは、そのレメディの本質的な理解にとても役立ちます。CHKでは、数年前から、全学年でレメディ学習の時には必ず事前に調べて来てもらっています。

続きを読む »

6月授業報告(2年生)

Lil-t Verat

今月は、「5月のレメディの復習(Anac.Ferr.Lac-c.)」「オルガノン学習(§100~109)」「今月のレメディ学習(Lac-d.Lil-t.Verat.)」「古典的ケース学習(レパートリーに慣れる)」を学びました。(画像は、ユリ科の2つのレメディ原料:タイガーリリーとバイケイソウ)
「今月のレメディ学習(Lil-t.Verat.Lac-d.)」

Lil-t.は、タイガーリリー(鬼百合)から調整されるレメディです。授業の初めに生徒さんに事前に調べて来てもらった原材料情報を発表してもらいました。

このレメディの精神症状は、ユリ的な宗教性・罪悪感とトラ的な野生性やパッションの間での葛藤が特徴的です。その葛藤から逃れるためにいつも急いで、一度にたくさんのことをしようとします。自分の重要性を強く言い立てることもあります。ユリ科のレメディの共通項は、世間から押し出されて見捨てられたような感覚を持っていることです。

続きを読む »

1 / 1712345...10...最後 »