お知らせ&更新情報

2021年度CHK国際セミナーのお知らせ(今秋9月18日~20日)

Jeremy Sherr

今年度のCHK国際セミナーでは、『パンデミックにホメオパシーでどう対応するか』と題して、ZoomによるWeb講義を開催いたします。(日本語通訳付)

 

2020年・年初から始まったパンデミックCovid-19は、私達に、どのような影響をもたらしたのでしょうか?

 

私達は、未だその渦中にあり、恐怖や不安の中にいます。そして、社会のCovid-19への対処によって、更なる混乱が生じているようにも見えます。

 

今、確かに言えることは、世界中のあらゆるところで、様々な分断が起きているということです。ホメオパシー観点に立てば、分断は、病の状態であると言えます。

私達は、この分断を目のあたりにして、立ちすくみがちですが、同時に一条の光も見え始めています。

 

私達は本来『いのち』という地下水脈で繋がっている大いなる一つの存在でもあります。この理不尽とも言える分断を乗り越えて、再び調和を取り戻した時、全く新しく瑞々しい『いのち』の姿が立ち現れて来るのではないでしょうか。

 

今回のセミナーでは、アフリカ・タンザニアで、長年エイズ治療に携わって来られたジェレミー・シェア先生をお迎えして、Covid-19とそれにまつわる社会の混乱に対して、ホメオパシーで何ができるのかについて、ともに考える機会にしたいと願っています。

 

ジェレミー・シェア先生は、ホメオパスであり、哲学者であり、詩人でもあります。

参加されるみなさんが、ジェレミー・シェア先生の知恵を借りて、それぞれが、自身で考え行動する糧にして頂けたら、これほど嬉しいことはありません。(文責:荻野哲也)

 

 2021年度CHK国際セミナーのお知らせ

https://www.chk-homeopathy.jp/seminar/international/3269/

2021年1月度授業報告(2年生~中級コース)

Jeremy Sherr

1月30日(土)31日(日)

今月は、近況報告、先月レメディ復習(Psor.Hell.Cimic.Caul.)、オルガノン学習(§162~171)今月のレメディ学習(Nit-ac.Con.Med.)、そして、「ケース学習」という内容でした。

(画像は、ダイナミススクール主宰:ジェレミー・シェア先生)

 

「ケース学習」

生徒さんには、事前にケースの内容をメールで通知して、自宅で考えて来て頂きました。ケースは、かつて講師が経験したものをペーパーケースにしたものです。

ホメオパシーで大切なことは、レメディを的確に選ぶことだけではありません。レメディを考える前に、その人の何が癒やされるべきか、つまり病の中心・核心を捉えることが先決になります。
このように、最近では、CHK講師がダイナミススクール(ジェレミー先生のホメオパシー大学院・於京都)で学んだ方法に沿った形でケース学習を進めています。

続きを読む »