特別セミナー

春の公開講座/CHKホメオパシー春の会(2019年3月17日10時~17時半)

菜の花小

2019年3月17日(日)に「CHKホメオパシー春の会」を開催します。この会は、元々は在校生のための補講を目的に始めたものですが、多くの方に、ホメオパシーのことを知って頂きたいという願いを込めて、数年前から公開講座(無料)として定期的に開催しています。

今回は、CHK8期生による卒業発表会とCHK卒業生による活動発表会及び「簡単プービング実習」という内容です。

特に、プルービング実習は、なかなか経験出来ないと思いますので、ホメオパシーに興味のある方にはお勧めします。

この経験をすることで、ホメオパシーに対する本当の理解ができるようになります。そして、なぜ、レメディは、原則として、1度に1種類しか使わないのかも身をもって理解できるようになります。

昨年度は、「繭(まゆ)」のプルービングをしました。参加者全員に様々な症状が出てきて、とても興味深い結果が出ました。将来「繭(まゆ)」のレメディが役立つ日が来るかも知れません。

今年も、また、日本的な素材を使う予定です。

 

当企画は、広くホメオパシーに興味・関心のある方にも自由に参加して頂き、気軽に意見交換して行く場にしてゆきたいと思います。

参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。

詳細

日時2018年3月17日(日)10:00~17:30(13:00~14:30はランチタイム。開催時間は目安です。)
テーマ2018年3月17日(日) 
前半9:30~13:00 CHK8期生 卒業発表(4年間ホメオパシーを学んで)及びCHK卒業生による活動発表(卒業後の活動について)
後半14:30~17:30 簡単プルービング実習(参加者全員であるものをレメディ化したものを口に含み、心身全体に起きることを確認してゆきます。) 

参加費無料
定員15名
場所クラシカルホメオパシー京都:四条教室

お申し込みのご連絡をされたにも関わらず、2日以内に返信がない場合は、
お手数ですが、CHK事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。