お知らせ&更新情報

2021年度CHK国際セミナーは盛況のうちに無事、終了しました

Jeremy Sherr

2021年度CHK国際セミナーは盛況のうちに無事、終了しました。ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました。

 

CHK国際セミナーでは、『パンデミックにホメオパシーでどう対応するか』と題して、ZoomによるWeb講義を開催いたしました。(日本語通訳付)

 

2020年・年初から始まったパンデミックCovid-19は、私達に、どのような影響をもたらしたのでしょうか?

 

私達は、未だその渦中にあり、恐怖や不安の中にいます。そして、社会のCovid-19への対処によって、更なる混乱が生じているようにも見えます。

 

今、確かに言えることは、世界中のあらゆるところで、様々な分断が起きているということです。ホメオパシー観点に立てば、分断は、病の状態であると言えます。

私達は、この分断を目のあたりにして、立ちすくみがちですが、同時に一条の光も見え始めています。

 

私達は本来『いのち』という地下水脈で繋がっている大いなる一つの存在でもあります。この理不尽とも言える分断を乗り越えて、再び調和を取り戻した時、全く新しく瑞々しい『いのち』の姿が立ち現れて来るのではないでしょうか。

 

今回のセミナーでは、アフリカ・タンザニアで、長年エイズ治療に携わって来られたジェレミー・シェア先生をお迎えして、Covid-19とそれにまつわる社会の混乱に対して、ホメオパシーで何ができるのかについて、ともに考える機会にしたいと願っています。

 

ジェレミー・シェア先生は、ホメオパスであり、哲学者であり、詩人でもあります。

参加されるみなさんが、ジェレミー・シェア先生の知恵を借りて、それぞれが、自身で考え行動する糧にして頂けたら、これほど嬉しいことはありません。(文責:荻野哲也)

 

 2021年度CHK国際セミナーのお知らせ

https://www.chk-homeopathy.jp/seminar/international/3269/

専門コース:2022年度生(15期生)募集準備中

CHK2020学校案内表紙データ小

ホメオパシー専門コース第14期生募集は、終了しました。10月より、2022年度専門コース第15期生の募集を始めます。

ご興味・関心のある方は、授業見学会・入学説明会にご参加下さい。

続きを読む »

ホメオパシー基本講座(2コース)10月より2講座開講します

基本講座用テキスト日本語教材

「ホメオパシー基本講座・秋開講!」は、開講準備中です。 

 

ホメオパシーキットを買ってみたもののタンスの中で眠っていませんか?

ホメオパシー基本講座(木曜日午前コースと土曜日午後コース)は、5月から春の2講座(木曜日午前コース・土曜日午後コース)がスタートしました。
1ヶ月に1回ペースのゆったり講座ですが、途中からのご参加も歓迎します。どの回から始めても良いように構成していますので、お気軽にお申し込み下さい。
ホメオパシーは日本ではあまり知られていませんが、欧州では、ご家庭での健康管理に広く利用されているほか、古くから英国王室にも活用されてきた伝統的な自然療法です。(写真は基本講座テキスト)

続きを読む »

専門コース(2022年度15期生)授業見学会・入学説明会開催準備中

CHK2020学校案内表紙データ小

2022年度専門コース生募集準備中です。授業見学会・入学説明会も開催予定です。ご興味・関心のある方は、お気軽にご参加下さい。

(画像は、2021年度学校案内です。)

 

関心のある方は、いつでもお問い合わせ下さい。

ホメオパシーを本格的に学んでみたい方のコースです。4段階(初級~プロまで)のステップアップ方式ですので、無理なく始められます。

初級コースの1年間だけ、学ぶことでも、ホメオパシーの基本への理解と急性症状への対処ができるようになります。身の周りの方の健康管理もバッチリです。

 

授業見学会・入学説明会のお申込みはこちらからどうぞ

http://www.chk-homeopathy.jp/classtour

当方から2日以内に返信が無い場合のお願い

ご連絡を頂いてから、2日以内に当方からの返信が無い・遅いと感じられたら場合には「迷惑メールフォルダ」をご覧頂けないでしょうか?

当方の講座へのお申込みやお問合せを頂いた場合、24時間以内にご返事させて頂いています。万一、お申込みやお問合せを頂いても2日以内に、返信が見当たらない場合には、

一度「迷惑メールフォルダ」をご覧頂きたいと思います。

最近、返信が無い・遅いなどのご連絡をよくいただきますが、残念ながら、当方では対処が出来ません。よろしくお願いいたします。

 

 

 

ホメオパシー専門コース編入学ご希望の皆さんへ

ホメオパシー専門コースへの編入学希望の皆さんへ

専門コースのご編入生。常時募集中!

最近、途中編入学ご希望のお問い合わせが増えて参りました。 以前一通りホメオパシーの勉強はしたが、もう一度学び直したい。 あるいは、現在他校で学んでいるものの、自分には合っていないので変わりたい。 など、悩んでおられる方からのご相談が増えています。 もちろん、途中編入は大歓迎です。よりスムーズに編入学して頂きたいため、「専門コース編入制度」を設けました。 ご興味・関心のある方はお気軽にご相談下さい。

CHK専門コース「ポテンタイズコース(再履修コース)」を開講中!

解剖生理学講義

2019年春より、4年制専門コースに、新規に「ポテンタイズコース(再履修コース)」を開講中です。関心のある方は、お尋ね下さい。

すでに、3年制又は4年制のホメオパシーの専門過程を履修済の方を対象に、当校の専門コースで、再度学んで頂くことで、ホメオパシー力を更に深めて頂くためのコースです。

通学コース・通信(Zoom又はDVD)コースがあります。授業料は、通常の半額(CHK卒業生は、1/3)で、常時、募集中です。

 

 

ホメオパシーの学びの材料は同じかも知れません・・・オルガノン・マテリアメディカ・レパートリー等など
これまでとは違う場所で、違う仲間と学びを深めてみませんか。きっとあなた自身をポテンタイズ(潜在力アップ)することでしょう!

「ポテンタイズコース」は、クラシカルホメオパシー京都(CHK)で、現在開講中の下記4つの専門コースのいずれかに編入の上、受講して頂きます。初級コース(1年目)からプロフェッショナルコース(4年目)までの中から、選んで頂けます。

初級(1年目)基本理論全体と特に急性症状への対応について学びます
Organon(§1~70)、基本原理、法則、単一最小投与、プルービング実習、解剖・生理・病理症候学、主として急性症状のレメディ35個 等

 

中級(2年目)基本を深めながら、特に慢性症状への対応について学びます
Organon(§71~148)、原理の理解を深める、マヤズム論・基本、 偏見なき観察者とは、古典ケース学習、ケース学習・基本、主として慢性症状のレメディ30個、解剖・生理・病理症候学 等

 

上級(3年目)比較的シンプルなケース学習を通じ基本理論を深めて行きます
Organon(149~292)、CLAMS、ケース実習・基本、マヤズム論、ケース学習、ポテンシーとは、Nosodesのレメディ、周期律の観点から鉱物レメディを考察 主として慢性症状のレメディ30個、
初回投与の査定と2回目の処方・基本、 解剖・生理・病理症候学 等

 

プロフェッショナル(4年目)複雑なケースにも対応できるよう、実践力を身につけて行きます
ケース実習応用 ホメオパシー方法論(様々な実践的メソッド)、初回投与の査定と2回目の処方、ケースマネージメント、解剖・生理・病理症候学 等
◎入学金
他校卒業・修了生:CHK専門コース入学金の半額
CHK卒業・修了生:無料

 

◎受講料

他校卒業・修了生:CHK専門コース授業料の半額。
CHK卒業・修了生:CHK専門コース授業料の1/3。

 

◎お申込み条件
ホメオパシー専門過程(3年制・4年制)を卒業または修了されていることを証明するものをご提出下さい。

◎基本テキスト代 CHK専門コースで使うテキストはご購入下さい。内容はお尋ね下さい。

◎定員:各コース3名まで(定員になり次第締切せて頂きます)

◎卒業資格:CHK卒業資格基準に準じる

◎通信コース:スカイプコースとDVD(YouTube)コースがあります。

※通信コースで使用するDVD録画内容は、通学コースの授業をカメラ据え置き録画したものです。

お名前(漢字)必須
お名前(フリガナ)必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
郵便番号
ご住所
メルマガ受信必須
季刊発行
お問い合わせ内容必須
個人情報保護方針必須
個人情報保護方針をお読みの上、同意ください。

2021年1月度授業報告(2年生~中級コース)

Jeremy Sherr

1月30日(土)31日(日)

今月は、近況報告、先月レメディ復習(Psor.Hell.Cimic.Caul.)、オルガノン学習(§162~171)今月のレメディ学習(Nit-ac.Con.Med.)、そして、「ケース学習」という内容でした。

(画像は、ダイナミススクール主宰:ジェレミー・シェア先生)

 

「ケース学習」

生徒さんには、事前にケースの内容をメールで通知して、自宅で考えて来て頂きました。ケースは、かつて講師が経験したものをペーパーケースにしたものです。

ホメオパシーで大切なことは、レメディを的確に選ぶことだけではありません。レメディを考える前に、その人の何が癒やされるべきか、つまり病の中心・核心を捉えることが先決になります。
このように、最近では、CHK講師がダイナミススクール(ジェレミー先生のホメオパシー大学院・於京都)で学んだ方法に沿った形でケース学習を進めています。

続きを読む »