特別セミナー

特別セミナー『シェディングに対してホメオパシーでできること』/’24年2月23日(祝) 13時~

白バラ

2024年2月23日(祝)13時~、『流行病下を健康に生きる」シリーズの2回目講座として『シェディングに対してホメオパシーでできること』(1回完結)を開催します。

教室参加者多数のため、まもなく教室受講は締切ます! 尚、当講座は、Zoom受講可能です。詳細は、お尋ね下さい。

 

 

私・荻野哲也は、パンデミック騒ぎが始まってからのこの4年間、一度もコロナ予防対処をしていません(ホメオパシー的対処はしています)。昨年末にはコロナ(?)にも感染し咳症状・発熱症状と体の痛みで数日間寝込みましたが、その後は普通の風邪同様に数種類のレメディを使って自力回復しました。

2021年になってからでしょうか、私の周りでは、シェディングに悩んでいると訴える人がいましたが、自分には無関係だと思っていました。ところが、2023年の春以降、人混みに行った後に、急に動悸がしたり、倦怠感を感じることが増えて来ました。特に2023年後半になって、私と同様、知人・友人にも似たような不調に悩んでいるケースが、急に増え始めています。

シェディングというものは、一体何なのか? ホメオパシーを実践している私たちもまだ手探り状態ながらも、少しずつですが改善事例が増えて来ました。

それで、私のホメオパシー仲間の一人、築島栄里子さんに、シェディングに関してのお話をして頂くことにしました。築島さんは、3人のお子さんがおられますが、3人とも、その敏感さゆえに、周りからの影響を強く受けやすく、日常生活や学校生活が、ままならない状態になっておられます。その困難に対して、ホメオパシーでできることが、次第に分かって来たとのことです。

私・荻野哲也も、自分への個人的な健康相談者を中心に、回復例が増えて来ました。ホメオパシーでの対処でも手応えも感じ始めています。

築島さんと私の事例をシェアすることで、シェディングに悩む方に体調改善へのヒントや希望を持って頂きたいと願って、当セミナーを開催することに決めました。

ご興味・関心ある方は、ご参加下さい。

なお、会場参加者の方は、非常に敏感な方が多いので、過去に1回でも接種経験がある方は教室参加はご遠慮下さい。Zoomでのご参加を選択して下さい。

 

講師紹介

築島栄里子さん(自己紹介)
長野県茅野市在住ホメオパス。翻訳者。Jeremy Sherr先生のダイナミス・ジャパン卒業。PCH(プラクティショナー・オブ・クラシカルホメオパシー)。東京のホメオパシースクール在学中に第1子を妊娠・出産。妊娠中から産後の子育ても、その後に生まれた2人も、ずっとホメオパシーに支えてもらって子育てしてきました。
ホメオパスをしながら、様々な分野で翻訳のお仕事もしています。毎週日曜日夜8時からYoutubeで配信しているHeavenese styleの海外時事ニュースの字幕翻訳を担当して、真実の情報発信のお手伝いをしています!(https://heavenese.tv/)

 

詳細

日時2024年2月23日(祝)13:00~
(質疑応答・個人健康相談の時間含む)
講師築島栄里子さん・荻野哲也他
参加費5,000円
※教室参加:当日現金払い、 Zoom参加:銀行振込(前払い)
定員20名(教室定員)※Zoom受講の場合は、定員上限はありません。また、過去に接種経験がある方は教室参加はご遠慮下さい。
場所CHK四条教室
(京都市営地下鉄四条駅又は阪急烏丸駅下車徒歩3~4分)

お申し込みのご連絡をされたにも関わらず、2日以内に返信がない場合は、
お手数ですが、CHK事務局までご連絡下さいますようお願いいたします。