お知らせ&更新情報

2018年7月授業報告(1年生~初級コース)

flowering Pulsatilla halleri

7月28日(土)29日(日)

今月は「先月のレメディの復習」「オルガノン学習(§19~29)」「今月のレメディ学習(Calc.Puls.Phos.)」「ホメオパシー哲学(全体像とSRP)」「ホメオパシー基本概念解説」を学びました。(画像は、Puls.)

 

「今月のレメディ学習(Calc.Puls.Phos.)」

今月も、ホメオパシーの大レメディを3つ学びました。

7月の後半から、レメディ学習では、生徒さんに、事前にその原材料を調べて来てもらい、授業の冒頭で発表してもらうことにしました。そのせいか、これまで以上にレメディ学習への熱が感じられました。

続きを読む »

2018年7月授業報告(2年生~中級コース)

conium

7月21日(土)22日(日)

今月は、「先月のレメディ復習(Lil-t.Verat.Graph.)」「オルガノン学習§85-99」「今月のレメディ学習(Med.Bar-c.Con.)」「古典的ケース学習」を学びました。(画像は、Conium)

 

「今月のレメディ学習(Med.Bar-c.Con.)」

Med.は、ノソーズ(Nosodes=病巣部から調整される)に分類される、やや珍しいレメディです。
ホメオパシーの三大マヤズムの一つSycoticマヤズムの核心を表すレメディです。
授業では、このレメディの病気疾患をイメージするところから始めました。

続きを読む »

2018年7月授業報告(3年生~上級コース)

dulc.2

7月14日(土)15日(日)

今月は、「先月のレメディ復習(Petr.Cycl.Nat-c.)」「オルガノン学習(§210~220)」「レメディ学習(Dulc.Zinc.Carb-v.)」「コンピュータレパートリー紹介」「2回目の処方について(導入)」「ケース学習(亜急性)」を学びました。(画像は、Dulc.)

 

「レメディ学習(Dulc.Zinc.Carb-v.)」

Dulc.は、ナス科のウッディナイトシェードから調整される植物レメディです。
授業では、最初にナスに似た花の姿などを紹介しました。このレメディは、モダリティー(好転・悪化要因)がハッキリしていて、冷えと湿気から体調が悪化します。冷えるとすぐに下痢してしまいます。
精神面では、落ち着きがなくて、怒っていなくても言葉がきついため、周りからはけんか腰な態度に受け取られたりします。多くの場合、勝気で自己中心的、家族に対して支配欲が強い傾向がみられます。健康な場合には、頼りがいがあるかも知れません。

 

Zinc.(亜鉛)は、鉱物レメディです。
最初に亜鉛の原物質情報を見てもらいました。亜鉛は、メッキや合金として、建材(トタン)や日常道具(バケツ)に使われています。また、人体の必須元素でもあり、亜鉛が不足すると様々な不調が起きてきます。皆さんからは「地味で疲れたおじいさん」のイメージが出てきました。
このレメディは神経と脳の衰弱した状態に適しています。神経は疲弊していて、組織は修復されるより早く摩滅するため、抑うつと神経衰弱が生じます。発疹や分泌物を出す力が弱くなり、感情・発疹・分泌を抑圧することで不調が起きます。全体に弱っていますが、症状は激しく出ます。
精神面では、罪を犯してしまったという感覚を持ち、自分が逮捕されてしまうかのような、あるいは誰かに追跡されているかのような不安感がたえずみられます。心身両面ともに落ち着きがありません。内面の不安や警戒を表現するかのように、足が落ち着きなく動き続けます。貧乏ゆすりでも有名なレメディです。

 
Carb-v.は、木炭を原料にしたもので、酸欠状態によく活用されてきたレメディです。
授業では、炭の作り方を紹介しました。
木炭は炭素から出来ています。炭素は有機物をはじめ、あらゆるものと関係した元素ですから、レメディとしても色々なレメディとの関連が見られます。
Carb-v.が適した人は、酸欠の人によく見られるように、全体に力がなく、怠惰で鈍く無関心になっています。
精神面は、物事を決断できず、ぐずぐずする傾向が強く見られます。身体面では、新鮮な空気を欲し、手足は冷えています。身体全体の血液循環が悪く、青白い顔をしています。
根本体質とは別に、体液の喪失時や、重病のために生命力が低下している時に、候補になるレメディです。過度の鼓腸症状があることも多く、ウエスト周りのきつさに耐えられないでしょう。

2018年7月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

Aethusa cynapium subsp. elata - Hohe Hundspetersilie (Apiaceae)

7月7日(土)8日(日)

今月は、「先月のレメディの復習(Cann-i.Nat-s.)」「ホメオパシー方法論」「古典的ケースからレメディの質感を学ぶ」「レメディ学習(Aeth.Agar.)」「ケース学習」を学びました。(画像は、Aeth.)

 
「古典的ケースからレメディの質感を学ぶ」

ホメオパシーは、波動療法(エネルギー療法)です。人間と自然界のあるものとの波動を合わせて、共鳴させて行くものです。

ホメオパシーの学校を卒業後に実践して行くと分かって来ますが、通常、全体の症状が似ているものは、一つだけではなく、いくつもありますから、この質感が分からないと、本当に必要とされているレメディを一つに絞り込むことが出来ません。

続きを読む »

2018年6月授業報告(1年生~初級コース)

sep1

6月30日(土)7月1日(日)

今月は、「先月のレメディの復習」「オルガノン学習(§9~18)」「プルービング実習」「今月のレメディ学習(Sep.Nat-m.Ign.)」を学びました。(画像は、Sep.)
「プルービング実習(簡易)」

CHKでは、設立以来、1年生の早い時期に、プルービング実習の授業をしてきました。今年度も3回目の授業で実施することになりました。ホメオパシーは、プルービングから始まり、プルービングを土台にして出来ているからです。

続きを読む »

クラシカルホメオパシー東京講座・開講のおしらせ

東京でクラシカルホメオパシー京都(CHK)主催の講座を、開催します。

講師の中村裕恵先生は、消化器専門医で、20年以上前にホメオパシーが日本で始まって以来の草分けであり、ハーブ・アロマ・フラワーエッセンス等の自然療法にも女性の健康・美容にも造詣が深い自然療法のプロフェッショナルです。

クラシカルホメオパシーとは、古くから英国王室でも利用している伝統と実績のある自然療法です。中村裕恵先生はその神髄を楽しくやさしく講義してくれます。

 

「はじめてのクラシカルホメオパシー講座」

クラシカルホメオパシーとは、どのようなものか?について、中村裕恵講師が、楽しくお伝えいたします。お気軽にお越し下さい。

 

日時:8月5日(日)13時~16時

会場:東京・新宿三丁目~詳細は下記URLからご覧ください。)

講師:中村裕恵(CHK特別講師)

www.chk-homeopathy.jp/seminar/beginner/3908/

 

「クラシカルホメオパシー3回基礎講座」

クラシカルホメオパシーの基本的な考え方や、具体的なレメディの活用法の基礎について、月に1回ペースで、3回に渡ってお伝えします。学んですぐに使えるように、個別に丁寧にお話しさせていただきます。

 

日時:10月14日(日)11月4日(日)12月2日(日)各13時~16時

会場:東京・新宿三丁目~詳細は下記URLからご覧ください。)

講師:中村裕恵(CHK特別講師)・野村潤平(CHK主任講師)他

www.chk-homeopathy.jp/seminar/selfcare/3909/

 

授業見学・入学説明会開催中!

ホメオパシー専門コース(2018年度専門コース11期生募集のための)の授業見学・入学説明会開催中です。
もちろん参加費は無料です。

授業体験・見学会では、実際の授業をそのまま見学していただけますので、
教室の雰囲気や学生の様子、講師の授業の進め方など、入学後の自分をそのままイメージしていただけます。
また、授業にも参加・授業内容のご質問もしていただけます。

遠方におられる方のためにスカイプによる通信での受講もできますので、お尋ねください。

入学説明会は、ホメオパシー基本講座付き(講座後に実施します)です。

ご興味のある方はぜひ、お気軽にお申込みください。

www.chk-homeopathy.jp/classtour

ホメオパシー通信専門コース入学ご希望の皆さんへ

Nux-v

ホメオパシー通信専門コースへの入学希望の皆さんへのお知らせ

2018年度通信専門コースのご入学のお申込み締切は、2018年7月末です。

 

ホメオパシー通信専門コース

www.chk-homeopathy.jp/correspondence_course

 

 

ホメオパシー専門コース編入学ご希望の皆さんへ

木漏れ日1

ホメオパシー専門コースへの編入学希望の皆さんへ 2018年度専門コースのご編入のお申込み締切は、2018年6月末です。お早めにお申し込み下さい。

最近、途中編入学ご希望のお問い合わせが増えて参りました。 以前一通りホメオパシーの勉強はしたが、もう一度学び直したい。 あるいは、現在他校で学んでいるものの、自分には合っていないので変わりたい。 など、悩んでおられる方からのご相談が増えています。 もちろん、途中編入は大歓迎ですが、よりスムーズに編入学して頂きたいため、昨秋より「専門コース新編入制度」を設けました。 ご興味・関心のある方はお気軽にご相談下さい。

2018年度CHK国際セミナー『いのち・いきもの・ホメオパシー』のお知らせ

犬2

2018年度CHK国際セミナー『いのち・いきもの・ホメオパシー』

今年度のCHK国際セミナーでは、森井啓二先生をお招きし、「いのち・いきもの・ホメオパシー」と題して、2日間の講義を開催いたします。

森井啓二先生は、日本における動物に対するホメオパシー治療の第一人者です。

動物分野に限らず、日本のホメオパシーの第一人者と言っても過言ではありません。

当セミナーでは、ホメオパシーの基本哲学について深め、ご専門である動物に対するホメオパシー治療の素晴らしさをご紹介していただきます。

全ての生き物に対する人間のあり方を考えていただく時間になることを願っています。

詳細・お申込みは以下URLから、お願いします。

www.chk-homeopathy.jp/seminar/international/3269/

1 / 1412345...10...最後 »