お知らせ&更新情報

プロフェッショナルコース(4年生)授業報告

木漏れ日1

4月7日(土)8日(日)

いよいよ、2018年度の最初の授業が始まりました。

今月は、「2月のレメディの復習」「古典的ケース学習」「オルガノン学習(§283~292)」「レメディ学習」「ケース学習」「コンピュータレパートリー実習」を学びました。

 

「ケース学習」

このクラスは、既に、スーパーバイズ(ケース実習)を始めてしばらく経ち、色々迷いも出て来ているところですので、以前、講師が経験したシンプルなケースを材料にして、ケース分析の基本を改めておさらいしてみました。

続きを読む »

2018年2月授業報告(1年生~初級コース)

fura小

2月24日(土)25日(日)

今月は、「先月のレメディの復習」「オルガノン復習(§29~§42)」「今月のレメディ学習(Tarent.Tub.Calc-p.)」「古典的ケース学習」を学び、授業の最後に「修了式」をして、今年度の初級コースの全授業を終えました。(画像は、Tarent.のエネルギーイメージ:フラメンコ)
「オルガノン復習(§29~§42)」

オルガノンの最も大切な単元は、§1~70です。昨秋までに、一通り精読しましたが、現1年生は進度が早かったので、1月と2月は、再度、精読することにしました。
初めての試みでしたが、これはとても良かったと感じています。生徒さん達も、2回目を読んでようやく腹にはまるようですから。オルガノンが書かれた時代背景や当時の医療の状況を理解する難しさ、ハーネマン特有の表現の仕方、目には見えない生命力の役割の表現など、一人で読み理解するのは、簡単ではありません。皆で精読しながら、それぞれが感じる疑問点を議論したり、意見交換して行くのが一番良い方法だと分かりました。今後も、このやり方で行こうと考えています。

 

「今月のレメディ学習(Tarent.Tub.Calc-p.)」

Tarent.
動物レメディを理解するには、その生態・動きを観るのが大切ですから、最初に、タレントラ蜘蛛の姿の画像や蜘蛛の生態研究家のWeb情報を紹介しました。そのうえでこのレメディのイメージ像に近い「タレントラ」という曲のピアノ演奏やバイオリン演奏、そしてフラメンコの動画を見てもらいました。このレメディの持つエネルギー(質感)は充分感じてもらえたと思います。

Tarent.は、蜘蛛から調整される動物レメディです。
このレメディがマッチする人では、蜘蛛の生態に似て、多動的で落ち着きなく常に動いていなければならないような症状に特徴があります。動きは素速く、狡猾でずるがしこい面も見られます。冗談を言ったり、馬鹿げたことをしたりします。エネルギーが高く、音楽やダンスや色彩を愛する人でもあります。また、襲われるとか傷つけられるとか罠にかけられるとかいうことに対する恐れがあります。このレメディに最も特徴的なことは、愛を強く求め続けるところです。自分には魅力が無く、自分が求めている愛を得られないのだという悲しみが根底にあります。踊ったり歌ったり、ずる賢い行動をするのは、すべて、人の気を引き愛を求める表現と言えます。

 

Tub.
Tub.は、結核のNosodes(ある病の病巣部や排泄物を原料とする)です。
このレメディは、Change(変化)のレメディと言われています。
生徒さんたちには、最初に、「結核と変化」について、どうつながると思いますか?という投げかけから始めました。かなり唐突で難しかっただろうと思いますが、印象には残ったのではないかと思います。
Tub.タイプの人が変化を望む背景には、現状への不満足感があります。その不満足感は、結核に侵された人間同様に、現状のままでは息苦しくてたまらないものです。すぐに外に出て行きたいという強い気持ちが沸いてきます。その変化が思い通り行かないと暴力的になることもあるでしょう。
身体面でも、呼吸器系の問題が起きやすく、結核性の諸症状と関係が深い点に特徴があります。結核の家族歴もあるでしょう。子供では早熟なタイプです。TB(結核)マヤズムの中心的レメディです。
歴史上のイメージキャラクターとして、坂本竜馬や高杉晋作を紹介したのですが、ある生徒さんから、司馬遼太郎の歴史小説「新選組血風録」に描かれた沖田総司の症状にとても似ているとのことでした。

 

Calc-p.
このレメディは、リン酸カルシウムから、調整されるレメディです。人間の骨の主成分ですので、「骨とは何か?」と生徒さんに聞いてみました。支えとか、基礎とか、残るとか・・・いろんなイメージが出て来ました。

全体にCalc.(牡蠣の殻のレメディ)に似ています。特に骨に影響します。例えば骨が軟らかく、細く、もろくなることがあります。また骨折時の骨化を促進する時にも活用されて来ました。やや弱いタイプが多く、腺の腫れなどが見られます。特に子どもは、繊細で背が高くやせています。茶色っぽい皮膚で消化機能が弱い貧血性の子ども。寒さで悪化する関節炎。リウマチ炎。少女(子供)の成長の遅さからの悪影響。そのような場合に適用されてきました。

このレメディも結核マヤズムの傾向があり、旅行や部屋の模様替えなど変化を強く求めます。

2018年2月授業報告(2年生~中級コース)

今月は「先月のレメディの復習(Ambr.Bar-c.Coloc.)」「ケース学習」「今月のレメディ学習」「オルガノン学習§178~193」を学び、最後は「修了式」をして、この1年の授業を終えました。(画像はハーネマン像。200年以上前、彼は、真の療法家は偏見なき観察者であれと述べました)

 

「ケース学習」

最近、講師が経験したシンプルな急性のケースをシェアして、皆で一緒に考えて行きました。

ケースをじっくり読んでから、前分析をした上で、本分析に入りました。

ホメオパシーで一番大切なことは、「偏見なき観察者」であることです。

ホメオパスの役割は、医師がするような治療でもなく、臨床心理士やセラピスト等が行うような分析・指導でもありません。ただ、ありのままを観察し、その全体に類似性があるレメディを自然界から探し出すことです。

偏見なくその人全体を観るということは、簡単に言えば広く長く深く観ることです。
そうして、始めて「全体像」が見えてきます。それは、知覚可能な症状の全体であり、その人の持つ固有の質感(エネルギー)です。

このホメオパシー特有の観察眼は、最初は難しそうに感じるかも知れませんが、実習を通じて、コツが分かってくれば、誰にでも身に付けられます。そして、これを繰り返すことで、自然にものごとの本質を捉える力もできてきます。

今回のケース学習では、結果的には、皆さん結構レメディを外していました。
最後の決め手になるSRP(その人に際立った特徴的な症状)の観方が、やや甘かったようです。

でも、このケースの実習経験を通じて、偏見なき観察者への道筋ばかりでなく、講師が選んだレメディの新たな面を知ることができたと思います。

(参考/オルガノン§6抜粋要約)

偏見なき観察者が唯一知覚すべきものは、外部に表現された病の徴候・現象・症状の全体(本来の健康状態からいかに逸脱しているか)である。療法家は、生命エネルギーの病的な作用(逸脱部分)全体を「観察」する必要がある。(外部に表現された症状以外に見るものはない)

 
「修了式」

授業の最後に、お一人ずつ、この1年間を振り返って頂き、今後の抱負を述べて頂きました。皆さんに共通していたのは、この2年間があっという間に終わってしまったこと。そして、あと2年間、さらにホメオパシーを深めて行きたいとの力強い言葉でした。

新年度上級コース(3年生)からは、いよいよケース実習が始まります。
ホメオパシーは実践を通じて、はじめて理解できることが多いものです。きっと、皆さんの内面で、次第にホメオパシーが深まって行く喜びも感じられるでしょう。

2018年2月授業報告(3年生~上級コース)

隼帽子小

2月10日(土)11日(日)

今月は「先月のレメディの復習(周期律第3シリーズにある主要レメディ)」「レパートリー実習」「古典的ケース学習」「レメディ学習」「オルガノン学習§270~279」を学びました。授業の最後に修了式をして、今年度の全授業を終えました。(画像は、目隠しされた隼/Falco-pe.)

 

「レメディ学習(Falco-pe.Carb-v.)」

Falco-pe.は、隼の羽から調整されるレメディです。
ただし、野生の隼ではなく、人に飼い慣らされた隼です。

生徒さんたちには、まず野生の隼の映像からエネルギーイメージを挙げてもらいました。次に人が隼の雛(ひな)を飼い慣らすためのマスク(冠)を被せられた隼の姿を見てもらいました。そのむごい姿に少なからずショックを受けられたのではないかと思います。

続きを読む »

2018年2月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

春の会データ画像

2月3日(土)4日(日)

今月は卒業月でした。

今月の授業内容は、「ケース学習」「レメディの知識の増やし方」「オルガノン§249~最終§まで」「12月に実施したライブケースの2回目のフォローアップ(実習)」「卒業式」でした。(画像は、3月の春の公開講座チラシ)

 
「12月に実施したライブケースの2回目のフォローアップ(実習)」

ライブケースのクライアント役になって頂いた方が、急に風邪を引かれたため、急遽スカイプを利用して、3回目のフォローアップセッションをしました。
教室のPC画面で、生徒さん代表がホメオパス役になり、経過確認をしてゆきました。

続きを読む »

2018年1月授業報告(1年生~初級コース)

1月27日(土)28日(日)

今回の授業日には、大寒波が到来したせいもあり、急に教室まで来られなくなった生徒さんがおられ、5名の生徒さんが、スカイプ受講することになりました。スカイプでの通信での授業に慣れてきたこともあり、滞りなく進行できました。

今月は、「先月のレメディの復習(Gels. Chin. Apis.)」「オルガノンを使った基本原理の総復習」「今月のレメディ学習(Aur.Caust.Dros.)」「簡単古典的ケース学習」を学びました。(画像は、Dros.)

 

 

「今月のレメディ学習(Aur.Caust.Dros.)」

Aur.は金から調整されるレメディです。

続きを読む »

2018年1月授業報告(2年生~中級コース)

ambr小2

1月20日(土)21日(日)

今月は「近況報告(レメディ体験報告)」「先月のレメディの復習(Cocc. Coff.)」「オルガノン学習(§165~177)」「今月のレメディ学習(Ambr.Bar-c.Coloc.Dios.)」「古典的ケース学習」を学びました。

(画像は、アンバーグリース~Ambr.の原料)

 

「今月のレメディ学習(Ambr.Bar-c.Coloc.Dios.)」

Ambr.は、最高級のお香「アンバーグリース」から調整されたレメディです。

続きを読む »

2018年1月授業報告(3年生~上級コース)

Allen & Boericke

今月は「先月のレメディの復習」「レパートリー練習」「周期律から主要レメディを見直す」「古典的ケース学習2題」「オルガノン学習(§259-269)」を学びました。

(写真は100年以上前に活躍したアメリカ人ホメオパスのアレン先生と現在も尚活用されているマテリアメディカ著者のボーリケ先生)

 
このクラスは、全体に授業進行が早いので、今月は、新規のレメディ学習はしないで、これまで学んだレメディへの理解を深めることと基本に戻って学ぶことに重点を置きました。

 

「古典的ケース学習2題」

かなり古いケースを材料にして学びました。
古典的ケース自体は、過去の巨匠たちが私たちに残した貴重な財産です。
古典的ケース学習は、ホメオパシーを学ぶには絶好の教材です。

続きを読む »

2018年1月授業報告(4年生~プロフェッショナルコース)

菜の花小

1月6日(土)7日(日)

今月は「12月に実施したライブケースの初回フォローアップ」「先月のレメディの復習」「卒業後の活動時の留意点について」「古典的ケース学習」「オルガノン学習(§246~248)」を学びました。

 

 

「12月に実施したライブケースの初回フォローアップ(実習)」

先月の授業では、生徒の知人Hさんにお越し頂き、生徒代表がライブセッションを実施して、皆で検討したレメディを提案しました。今月は、そのレメディがどうだったのか?の査定のための確認セッションの実習をしました。
ホメオパシーでは、この2回目のセッションがとても重要です。これができることが、プロフェッショナルホメオパスの必要条件と言って良いでしょう。

続きを読む »

2017年12月授業報告(1年生~初級コース)

Apis.画像小

■12月23日(土)24日(日)

今月は「先月のレメディの復習(Arg-n. Thuj. Carc.)」「急性時の対応法(風邪の場合)」「今月のレメディ学習(Apis.Chin.Gels.)」「古典的ケース学習」を学びました。(画像はApis.)

初級コースも残りあと3か月で修了するので、12月~2月はこの1年間の学びの集大成的な内容も盛り込んで行きます。「急性時の対処法(風邪)」と「古典的ケース学習(4つ)」はこれまで学んできたホメオパシーの基本的な考え方やレメディの具体的な活用に結びつける内容です。

 

「古典的ケース学習(基本問題4題)」

現代人にとって、ホメオパシーが分かりにくいのは、咳にはこのレメディ、嘔吐にはこのレメディ、発熱にはこのレメディ、下痢にはこのレメディ・・のような現代西洋医学的な「単一対症療法」的考え方では、有効なものが見つけられないところです。

続きを読む »

1 / 2712345...1020...最後 »