お知らせ&更新情報

2017年CHK国際セミナー『ホメオパシーで世界は変わる』講義報告

2017ジェレミー前全体◎最小

9月16日~18日

当セミナーはCHK設立10周年記念行事として、去る9月16~18日、盛況のうちに終了しました。ご参加いただいたみなさん、お問合せ頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

 今年度は、世界最高峰のホメオパスとして名高いジェレミー・シェア先生とカミラ・シェア先生ご夫妻をお招きしました。

お2人の熱く感動的な講義に、参加者の皆さんが次第に魅了されてゆくのを感じる・・・そんな3日間でした。

続きを読む »

2016年度国際セミナー『JUST YOU SEE 2』

IMG_7099

10月8日・9日・10日

恒例になりました今秋の国際セミナーには、昨年に引き続き、インドの著名なホメオパシー臨床家Dr.Sarkarをお招きして、3日間の講座を開催しました。

昨年、受講された方の多くがリピーターとして参加して頂き、連日60名を超える参加者のために、会場は満員状態になりました。

続きを読む »

2015年10月国際セミナー報告

SONY DSC

今年度は、10月10~12日にわたり、インドでも高名なホメオパシー臨床家~Dr.サルカー~をゲスト講師としてお招きしました。

初来日ということもあったのでしょうか、3日間を通じて会場は超満員状態でした。

 

Dr.サルカーの著書名と同じ『JUST YOU SEE』というテーマで、素晴らしいメッセージをシェアして頂きました。

何よりも臨床家Dr.サルカーの人柄に魅了されました。

恐らく、参加者の誰もが、何かしらインスパイアされたことでしょう。

続きを読む »

2014年度クラシカルホメオパシー京都国際セミナー(インドビデオセミナー)

去る10月11日12日に、2014年度のCHK国際セミナー(インドビデオセミナー)が無事終了しました。

今回のセミナーの内容は、過去2年間、当校で主催を続けて来たインドビデオセミナーの続編(ケースNo.13~18)でした。

過去2年間は、1回(1日間)のセミナー毎に3件ずつのケースを段階的に学んで来ましたが、今回は、一度に6件(2日間続けて)のケースを学びました。
時間的にも内容的にも、かなり密度の濃いものでしたので初めて参加された方は少々疲れたのではと思います。
2年前から継続して受講された皆さんには、大きな収穫があっただろうと思います。

続きを読む »

2012年10月国際セミナー(クラシカルホメオパシー京都主催)

2012年度:国際セミナー10月6日~8日

今年度は、クラシカルホメオパシー京都主催で国際セミナーを開催しました。

クラシカルホメオパシー京都専門コースの在校生全員と卒業生の有志を中心に学校外からの参加者も含めて、のべ50名ほどの参加者になりました。

今回のトピックスは、講師のJo先生と参加した生徒さん達の一体感でした。これほど盛り上がったセミナーはとても珍しいと思います。会場全体に常に心地よい風が吹いているかのようでした。

続きを読む »

2011年10月国際セミナー(日本クラシカルホメオパシー協会主催)

国際セミナー10月8日~10日

今年度は、日本クラシカルホメオパシー協会主催の国際セミナーに、当校の生徒さん(在校生全員と卒業生の有志)が参加した。

何よりも素晴らしかったのは講師のJo先生の存在感である。

欧米(イギリスとアメリカ)で20年以上実践して来た人が持つ確かな自信ととても温かい人柄に、生徒全員が魅了された。生徒さんたちからの質問にも、丁寧に理解を確かめながら答える真摯な姿勢から、多くの生徒さん達が感銘を受けたと思う。

続きを読む »

2010年度 第2回 国際セミナー

10月9日~11日の3日間、クラシカルホメオパシー京都、
第2回国際セミナーを開催しました。

今年度は、スペースの関係上、一般からの参加は積極的には募らず、結果的に在校生だけのセミナーになりました。
クラシカルホメオパシー京都も3学年が揃い、総勢で50名ほどになり、とても賑やかな3日間になりました。

今回セミナーのテーマは昨年に引き続き「続:元素のレメディ~周期律表から読み解く」です。
今年度でこのテーマを一旦、修了することにしました。

続きを読む »

2009年度 第1回 国際セミナー

10月10日~12日の3日間、クラシカルホメオパシー京都初の国際セミナーを開催しました。

当セミナー参加者は、在校生を含めて、40名を超え、オーストリアのお2人の講師の方の明るく親しみやすい雰囲気とも相俟って、
予想以上に賑やかな3日間になりました。

今回セミナーのテーマは
「元素のレメディ~周期律表から読み解く」です。
今年だけで終えるのではなく、今後3年間かけて、
この大きなテーマをじっくり学んでゆく予定です。

続きを読む »