今月の活動

2013年9月授業(1年生)

9月28日(土)荻野講師

まず、いつものようにオルガノン学習から始めました。

§35~42は、ハーネマンがホメオパシーと他の療法(アロパシー)を比較している単元です。

自然に人間に起きて来る「人と自然の病の関係」と「人と薬(人工的な病)の関係」を比較しながら、解説しているところです。ハーネマンは、薬のことを人工的に「病」を引き起こすものだと考えています。よく考えてみたら、当たり前のことです。薬を飲んだら、誰にでも必ず症状が出て来ますから。

この比較をして話を進めて行きます。
そこでは、具体的な文献事例や臨床例をあげながら、懇切ていねいに実証的に述べていますが、ていねいで詳し過ぎて現代の私達には読みにくいところです。

オルガノンを1人で読んでいると、この単元のあたりで難しいと感じて挫折しがちです。
いわば1つ目の峠です。でも、皆でゆっくりと読み進めると意外にも簡単であたりまえな内容に驚かされます。

実は、オルガノンに記してあることは、ごく簡単で当たり前のことばかりです。

続きを読む »

2013年9月授業(2年生)

9月21日(土)荻野千恵美講師

10月に開催されるCHK国際セミナーを前にして、昨年度の国際セミナーのおさらいをしました。生徒さん達に去年と今年をつなぐ「準備運動」をして頂こうと思いました。

今月の講義は、大きくは2つありました。
・昨年のセミナーのテーマであった「マヤズム」の理解を深めておくこと
・今年のセミナーのテーマになる「植物レメディのファミリー毎の特性」の基本について

続きを読む »

2013年9月授業(3年生)

9月14日(土)荻野千恵美講師

授業に入る前に、生徒さんによるレメディ解説がありました。
カルク・カルボ(牡蠣の殻から作られた著名なレメディ)について、原材料になる牡蠣の生態からレメディを見直してみて、改めて発見されたことをシェアしてもらいました。

続きを読む »

2013年8月授業(2年生)

8月31日(土)荻野哲也講師

ケース学習をしました。

かつて、講師が経験したケースを生徒さんたちにをシェアしました。
もし自分ならどのようにその人を受けとめて、どのようなレメディを提案するのか?を一緒に考える時間にしました。

今回、みなさんにシェアしたケースは、世間では進行性の難治病と思われているケースです。
それでも、丁寧なセッションをした上でその人にマッチした1種類のレメディを選んで提案し、必要最小限利用して頂くことで、次第に元気を取り戻されました。

続きを読む »

2013年度インドビデオセミナー(第2回)

永沢講師(コーディネーター)

9月8日(日)に、今年度2回目のインドビデオセミナーを開催しました。熱心な参加者が30名ほど集い会場は熱気にあふれていました。

昨年から始まったこの企画は、世界最先端のホメオパシー教育機関インド・ムンバイのアザーソングアカデミーで専門研修用に利用している教材を日本向けに編集した素晴らしいものです。

続きを読む »

2013年8月授業(1年生)

8月24日(土)荻野千恵美講師

いつものように、オルガノンの精読から始めました。今回は、§30~34です。

人は誰でも病に罹るわけではありません。
その人に、ある病への罹病性(感受性)がある時だけ、病になるのです。このことは、自分の経験や周りを見れば、誰でも気付くことですね。
でも、現代でも、例えばインフルエンザが流行すると誰でも罹るに違いないと思い込んで恐れている人はとても多いです。

ホメオパシーをすることは、この罹病性を減らして行くこと。つまり、病に罹りにくくして、何が起きても平気な状態(健康健全な状態)にするということを目的にしています。

続きを読む »

2013年8月授業(4期生)

今月の3年生の授業は、2日間とも外部講師にお願いしました。

色んな観方考え方で、ホメオパシーと取り組んでいる方がいるのを生徒さんにご紹介することが一番の目的でした。卒業を約半年後に控え、今までの延長から一旦離れ、普段とは違った方法論に向き合うことで、これまでの学びを一層広げることが出来、より深められると考えたからです。(写真は原田講師)

続きを読む »

2013年7月授業(1年生)

7月27日(土)荻野哲也講師

4月からのホメオパシー哲学の授業のまとめから入りました。
ホメオパシーでは、プルービングを土台にした実証を大切にしているものであり、「個人化」(その人らしさ)と「症状の全体像」(内部の乱れの表現されたもの)が特に重要であることを確認しました。

それを踏まえた上で、SRPと感受性(罹病性)について学びました。いずれもホメオパシーを理解する上で最も重要な概念です。

続きを読む »

2013年7月授業(3年生)

7月13日には、四条教室の周りは祇園祭の鉾が建ち始めました。
教室の目の前にも『綾傘鉾』という鉾の準備が始まりました。
14日には、朝から露店の設営が始まり、生徒の皆さんが帰宅する頃には、立ち並ぶ露店の狭間をゆったり歩く沢山の人達で道はあふれていました。
そして、この週末の2日間は、急な雷雨に驚かされました。
そんな賑々しい中での2日間の授業でしたが、生徒さん達の確かな成長を感じることが出来、手ごたえを感じた2日間になりました。

続きを読む »

2013年7月授業(2年生)

7月6日(土)荻野千恵美講師

オルガノン学習から始めました。今回は、§60~62です。
この単元は、逆療法(アンティパシー)と類似療法(ホメオパシー)について、実例をあげながら比較検討しているところです。ハーネマンは、アンティパシーを全面的に否定していませんが、使い続けると様々な不調が起きて来ると述べています。

続きを読む »

20 / 34« 先頭...10...1819202122...30...最後 »